ミニバンのサイズを徹底比較。人気車種とメーカーの戦略とは?

こんにちは!しんじです。

 

家族が増えると、車を大きいものにしようと考えますよね。そんな人なら、一度は購入を検討するミニバン

我が家もしゅんちゃんが生まれた時は、真っ先にファミリーカーとして考えたのが、価格やサイズが丁度いいミニバンです。

 

そこで、ミニバン選びで重要な比較のコツをお教えします!

ミニバンとは~サイズが命

ミニバンとは

  • 車高が高い
  • 3列シートを装備

  • 多人数(6~8人)の乗車が可能

  • 広い荷室が確保出来る

 

 以上が空間効率が非常に良い乗用車の特徴です。

クルマ先生
ミニバンの特徴は大きな車体で、人数が沢山乗れて、荷物が沢山運べる事です。
しんじ
なるほど!まさに子育て世代のファミリーカーに最適ですね。

ミニバンの名前の由来、それはサイズ

車には、ボンネットと車室とトランクが一緒になったワンボックス、ボンネットと車室兼トランクのツーボックス、ボンネットと車室とトランクが別々のスリーボックスの三種類の車種があります。

 

ツーボックスの中でも、ボンネットと室内・トランクの2つの空間で、ボンネットがツーボックスより少し短めの車を1.5ボックスといいます。一般的には1.5ボックスに3列シート装備で比較的背の高い車が「ミニバン」と呼ばれています。

ミニバンは、アメリカのフルサイズバン=ワンボックスと比べると少々小さいワゴンタイプの車です。1983年に発売されたクライスラーのダッジ・キャラバン二代目がアメリカ車のバンの中でもひと回り小さく作られ、この車種はミニバンの語源とされています。

 

ミニバンの特徴

2019年4月までの新車売上ランキングを見ると、ミニバンが4もランクインしています。

  1. ノート    156,118
  2. アクア    148,049
  3. プリウス   135,702
  4. セレナ    121,060
  5. シエンタ   113,500
  6. カローラ   108,665
  7. ヴォクシー  106,300
  8. ヴィッツ   101,995
  9. ルーミー   100,209
  10. フリード     98,484

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会より

 

あや(妻)
すごーい!ミニバンってこんなに人気あるんだ~

しんじ
そうだねー。日曜日ともなるとミニバン沢山見かけるよね~。
めるこ
家族でお出かけするならミニバンが便利よね。

ミニバンのメリット

  • 比較的背の高い車体で大きく見える
  • 室内空間が広く、多人数(6〜8人)の乗車が可能
  • 3列目シートが畳めて広い荷室が出来、多くの荷物を積む事ができる
  • 電動スライドドアを装備した車種が多く、乗り降りしやすい
  • 視界が高くそして視野が広いので、見晴らしが良く運転しやすい
  • 3列シートを配置、またシートアレンジが多彩で使い勝手がいい
  • 人気車種でメーカーが力を入れているため、豊富な車種からチョイス可能

 

しゅんちゃん(5歳)
ぼくが踊れるスペースもある?
しんじ
それはちょっと難しいかな~

ミニバンのデメリット

  • 車体が大きく重量があるので、パワーが不足して燃費が悪い
  • 排気量が少ないタイプだと、坂道等でパワー不足を感じる
  • 車体が大きいため、小回りがきかない
  • 車種によるが、車高が高いので立体駐車場は使えない場合がある
  • S及びSSクラスの3列目はかなり狭く、大人の男性は座りにくい事がある
  • 車種によるが、重心が高めになるため走行時の安定性が若干悪い(低重心タイプもあり)
友人A
大きいのがいい!と思って試乗してみたら、うちの駐車場に入らなくてがっかりしたことある。
友人B
へぇ~。やっぱり試乗はしたほうがいいよね。うちも住宅街で、ミニバンでは近くのあのコーナーは曲がれないかも。

ミニバン選びのコツ、それはサイズ比較

ミニバンには5つのサイズがあり、それぞれに特徴があります。

ミニバンの5つのサイズ

SS  

コンパクトカーがベース。小回りが利き、運転しやすい。

S     

荷室・室内の広さはある程度確保、全高がやや低め。

M    

最も標準的なサイズ、ファミリー層に人気No.1

L     

Mよりも室内幅と室内長が広いが全高が低め。内装に高級感を演出。

LL   

外装・内装共に最大サイズ、豪華な作り。

室内を広く取り、リクライニングやフットスツール等も装備

 

一番小さいSSサイズと一番大きいLLサイズだと、同じミニバンと思えないくらいのサイズ差があります。

 

子育て世代のファミリーに人気のミニバンですが、子供の人数や駐車場の大きさ、用途によって、サイズ比較は重要なポイントになります。また、室内空間も車種によって微妙な違いがあるので、こだわり派は要チェックポイントです。

 

例えば、ミニバンの用途がお子さんの送り迎えや買い物に使うだけで3列目はあまり使わずに荷物を乗せたいのでしたら、荷物の大きさによりますがSSサイズでも問題ないと思います。

 

大きな機材のあるアウトドアスポーツをするなら、家族と機材を乗せるとなるとM~Lサイズが最適だと思います。

 

もちろん、燃費や価格、見た目も気になるところですが、何に使うか?どうゆう時に使うか?シチュエーションによって、適したミニバンが変わってきます。

 

流行りもあり迷うかもしれません。

ここは、乗せる物や乗る人数等、ご自身の用途によって決めるのが一番だと思います。

 

しんじ
あやちゃんが免許取ったら小さい方が運転しやすくて良いけど、沢山荷物乗せられるとなるとある程度の大きさが欲しいな~
あや(妻)
ゴーカートみたいな簡単なミニバンないかな~
しんじ
あやちゃん、ゴーカート前提だね…

ミニバンの5つのサイズを徹底比較

車のサイズ表記の仕方

車のサイズの表記には決まりがあります。

必ず長さ×幅×高さ(mm=ミリメートル)の順番で書かれています。


設計や製図では、mm(ミリメートル)が使われる事が多いので、車も同じようにmm(ミリメートル)で表示されている場合が多いです。

 

車の外装サイズ

長さ(全長)=車の先頭から後ろまでの長さ

幅(全幅)=胴体の部分の幅(ドアミラーは含まず)

高さ(全高)=地面からの高さ

 

車の内装サイズ

長さ=ダッシュボードから3列目の座席の背もたれまで

幅=車内の一番広いところ

高さ=車内の天井が一番高いところ

 

それではそれぞれのサイズを詳しく見てみましょう。

※販売終了しているミニバンは記載していませんのでご了承ください。

 

ミニバンサイズ SSクラス

大きさのベースはコンパクトカーで、ミニバンの中で最小サイズです。
全長4,200mmと5ナンバー車の中でも小柄ですが、効率的に室内を設計されているので、小さなボディに3列のシートが確保してあります。
その代わり、全高は1,700mmのハイルーフで室内空間の背を高くしてあります。
排気量は1,500cc(1.5L)で普通車並みの排気量です。

3列目は大人の男性が座るにはちょっと辛いスペースですが、小柄な女性やお子さんなら問題なく座れる便利な3列シートです。
コンパクトカー並みにボディが小さく、最小回転半径が小さくて小回りがきき運転しやすいので、女性に人気です。街乗りにも快適なミニバンとなっています。

ミニバン「Honda フリード」

Honda公式サイト

2018年に「マザーズセレクション大賞」を受賞した、子育て中のママさんに大人気のコンパクトミニバンです。小さくても機能は多彩です。ハイブリッド仕様車もあります。

姉妹車のフリードスパイクについてはこんな記事もどうぞ。

アウトドア気分を味わえるフリードスパイクでする車中泊とは?

2019年5月3日

ミニバン「TOYOTA シエンタ」

TOYOTA公式サイト

乗車口の低さからお子さんでも乗りやすい設計になっています。何といってもこのおしゃれなフォルムは、若者の心を鷲掴みです。こちらもハイブリッド仕様車があります。

 

 

  外装(mm) 内装(mm) 燃費(km/l) 価格

フリード

ガソリン

4,265×1,695×1,710 3,045×1,455×1,275

19.0

1,880,000円~

フリード

ハイブリッド

27.2 2,256,000円~

シエンタ

ガソリン

4,235×1,695×1,675 2,535×1,470×1,280 20.2 1,776,600円~

シエンタ

ハイブリッド

28.8 2,187,000円~

※燃費・価格はFFのものを表記 燃費はJC08モード表記

ミニバンのサイズ  Sクラス

全長が4,600mm、全高が1,600mmと、SSクラスより少し長く、車高が低いロールーフになっている5ナンバー車です。
排気量は1,500cc〜2,000cc(1.5~2.0L)程度です。

車室内はSSクラスより少し広いとはいえ、3列目は若干狭く、座るとちょっと窮屈に感じますが、車高が低くなることによって安定したアクセルワークと運転のしやすさがあるのが特徴です。

後席ドアはスライドドアの車種と普通のヒンジタイプのドアの車種がありますので、子育て世代のご家族でスライドドア必須の方は、グレードを選ぶ必要があります。

ミニバン「日産 NV200バネット」

日産公式サイト

ミニバンのキング、大人気セレナの生みの親です。現在はビジネスバンとしての活躍が主流です。CMに時代を感じますね。

ミニバン「Honda ジェイド」

Honda公式サイト

低車高ですが、スポーティなフォルムで街乗りでもおしゃれなミニバンです。ハイブリッド仕様車があります。

ミニバン「TOYOTA プリウスα」

TOYOTA公式サイト

言わずと知れたハイブリッド仕様車の先駆車、プリウスのミニバンタイプです。

 

プリウスに関してはこんな記事もどうぞ。

アウトドア好き必見!プリウスで車中泊を100倍楽しむ方法

2019年3月29日

プリウスユーザーが教える!車中泊でお得な旅行をしてみよう

2019年5月1日

ミニバン「日産 ラフェスタ ハイウェスター」

日産公式サイト

カッコイイ、出来るを演出した「イケダン」ミニバンです。男性に人気の車種です。

 

 

  外装(mm) 内装(mm) 燃費(km/l) 価格

NV200

バネット

4,400×1,695×1,855 2,725×1,500×1,365 14.0 1,765,800円~

ジェイド

ガソリン

4,660×1,775×1,530 2,850×1,505×1,230 18.0 2,398,680円~

ジェイド

ハイブリッド

24.2

2,898,720円~

プリウスα 4,645×1,775×1,575 2,690×1,520×1,220 26.2 3,259,440円~

ラフェスタ

ハイウェスター

4,615×1,750×1,615 2,750×1,750×1,240 16.2 2,340,000円~

※燃費・価格はFFのものを表記 燃費はJC08モード表記

ミニバンのサイズ  Mクラス

全長が4,695mm、全幅が1,695mmの5ナンバー車で、全高は1,800mm以上の車高が高いハイルーフがある大分ミニバンらしいサイズです。

 

排気量は1,500cc(1.5L)、1,800cc(1.8L)、2,000cc(2.0L)の排気量が殆どですが、中には三菱デリカD:5のように2,400cc(2.4L)と、Lサイズと同等のエンジンを持つ物もあります。

 

Lクラスほどではないものの、室内空間には広さに余裕があり、2列目、3列目までもが足元までゆったりした快適な空間を確保できます。
それでいて車体が大きすぎないので、運転の苦手な人や女性の方でも運転がしやすいです。

 

ミニバンの中で一番人気があり、特にファミリーカーとして子育て世代に人気です。多くのメーカーがMクラスミニバンに力を入れていて、人気車種を続々と売り出しています。

ミニバン「Volkswagen Golf トゥーラン」

Volkswagen公式サイト

外国輸入車のミニバンの中でも人気がある車種です。ディーゼル車ですので、お財布にも優しいクルマ。なんとエコカー減税100%です。

ミニバン「BMW 2シリーズグランツアラー」

BMW公式サイト

待ちのリにもアウトドアにも映えるミニバンです。やっぱりBMWはカッコイイ!その一言につきますね。

ミニバン「シトロエングランド C4ピカソスペースツアラー」

シトロエン公式サイト

ミニバン「TOYOTA ヴォクシー」

TOYOTA公式サイト

Theカッコイイを諦めないお父さんのクルマです。男性に人気の車種ですね。ハイブリッド仕様車があります。

 

ヴォクシーに関する記事はこちらもどうぞ。

アウトドアならヴォクシーが◎車中泊でステキな思い出作り♪

2019年4月14日

アウトドアをヴォクシーでするなら初心者もOK!車中泊を楽しむ方法

2019年3月18日

ミニバン「TOYOTA  エスクァイア」

TOYOYA公式サイト

Mサイズミニバンにもハイクオリティの高級感を。この車種にもハイブリッド仕様車があります。

ミニバン「TOYOTA ノア」

TOYOTA公式サイト

TOYOTAのMサイズミニバンの中でも、ファミリー向けミニバンとして人気です。こちらもハイブリッド仕様車があります。

 

ノアで車中泊なら、こんな記事もありますよ。

初心者必見!案外快適!アウトドアをノアで満喫!車中泊を楽しもう!

2019年4月1日

 

TOYOTAのミニバンに関してはこんな記事もどうぞ。

ノアとヴォクシーの違いは実は主に見た目に隠されていた?徹底比較

2019年5月3日

ミニバン「Honda ステップワゴン」

Honda公式サイト

使いやすさの探求が得意なHondaのこのミニバン、なんとテールゲートが縦にも横にも開きます。

Honda公式サイト
Honda公式サイト

ステップワゴンスパーダにはハイブリッド仕様車があります。

 

ファミリー向けミニバンの違いが分かりやすく書いてある記事もどうぞ。

ノアとステップワゴンの違いを徹底比較!実は意外なところにあった?

2019年4月29日

ミニバン「日産 セレナ」

日産公式サイト

今一番売れているミニバンです。その秘訣は、ハイブリッドを超えた「e-POWER」というシステムです。

e-POWERは、パワーのある電気モーターを使用して走り、エンジンを発電専用にして必要な時だけガソリンを使い、かなりの低燃費で走ることが出来ます。また回生発電と言って、車の減速時に発生する電力を回収して蓄電し、無駄にしない仕組みを取っています。

ディーラー
e-POWERの仕様にすることで、アクセルを軽く踏むだけで走り出しから力強いスムーズな走り、また高度な静寂性を特徴にしています。
クルマ先生
減速するときもアクセルを緩めるだけで減速出来るんです。
しんじ
へぇ、ブレーキをあまり踏まなくていいから、それは運転しやすそうだね。
あや(妻)
うーん、いまいちよくわからないな~

バッテリー十分、通常発進・走行時

日産公式サイト

エンジンは使わずに、バッテリーの電気を使用してモーターのみで走行します。

バッテリー少、通常発進・走行時

日産公式サイト

エンジンを発電用に稼働して、バッテリーに充電しながら走行します。

急加速・登坂時

日産公式サイト

エンジンをフル稼働して発電機からも電力供給して、フルパワーで走行します。

減速時・降坂時

日産公式サイト

モーターのみで走行します。また、回生した電力を回収、バッテリーに充電して無駄にしません。

あや(妻)
なるほど~!電気モーターとガソリンエンジンを交互に使うハイブリッド仕様車と違って、電気モーターだけで動くから無駄がないんだね。
しんじ
さすがあやちゃん!よくわかってるね~

 

ハイブリッドカーに関してはこんな記事もあります。

N-BOXvsハイブリッドカー 総合力対決!その勝敗や如何に!?

2019年4月8日

 

セレナで車中泊するならこんな記事もどうぞ。

アウトドアにセレナ!?10のおすすめと快適に過ごす車中泊のまとめ

2019年4月18日

ミニバン「スズキ ランディ」

スズキ公式サイト

実は日産セレナと姉妹のランディ、大きさのスペックはほぼ同じです。

 

 

 

外装(mm)

内装(mm)

燃費

(㎞/l)

価格

ゴルフ

トゥーラン

4,540×1,830×1,670 表記なし 19.3 2,939,000円~

BM2シリーズ

グランツアラー

4,585×1,800×1,640 表記なし 15.4 4,130,000円~

グランドC4

ピカソ

スペースツアラー

4,605×1,825×1,670

表記なし

18.0 3,770,000円~

ヴォクシー

ガソリン

4,695×1,695×1,825 2,930×1,540×1,400 12.4

2,509,920円~

ヴォクシー

ハイブリッド

23.8 3,003,480円~

エスクァイア

ガソリン

4,695×1,695×1,825

2,930×1,540×1,400 14.0 2,664,360円~

エスクァイア

ハイブリッド

23.8

3,062,880円~

ノア

ガソリン

4,695×1,695×1,825 2,930×1,540×1,400 14.0

2,509,920円~

ノア

ハイブリッド

23.8 3,003,480円~
ステップワゴン 4,760×1,695×1,840 3,220×1,500×1,405 17.0

2,455,920円~

ステップワゴン

スパーダ

ガソリン

16.0 2,852,280円~

ステップワゴン

スパーダ

ハイブリッド

25.0 3,300,480円~
セレナ 4,690×1,695×1,865 3,240×1,545×1,400 17.2

2,440,800円~

セレナ

e-POWER

26.2

2,968,920円~

ランディ 4,690×1,695×1,865 3,240×1,545×1,400 16.6 2,505,600円~

※燃費・価格はFFのものを表記 燃費はJC08モード表記

ミニバンのサイズ Lクラス

全長が4,700mm~4,800mm、全幅が1,700mm以上の3ナンバー車です。
全長と全幅はLLクラスと同じ大きさですが、全高が1,800mm以下のロールーフタイプのミニバンがLクラスミニバンです。排気量は2,400cc(2.4L)、2,500cc(2.5L)です。

車高が低くなると、どうしても車室内が狭くなってしまうのですが、それでも3列目までゆったりとした幅があります。車室が狭い分、アクセルワークが良くなり安定した運転がしやすい車です。

ミニバン「Honda オデッセイ」

Honda公式サイト

「走るラウンジ」をコンセプトに、「長い冒険旅行」という意味の名の元、人生に寄り添うクルマを目指しています。ハイブリッド仕様車もあります。

ミニバン「TOYOTA エスティマ」

TOYOTA公式サイト

かつては外に出ればエスティマに会うほど大人気だったロングセラー車です。こちらもハイブリッド仕様車があります。いずれは燃料電池車になる…なんて噂もあります。

ミニバン「三菱 デリカD:5」

三菱公式サイト

アウトドア好きなら知らない人はいない50年のロングセラー車です。この車、4WDしかありません。コアなファンがいるからこそ、ここにある車ですね。

ミニバン「Volkswagenシャラン」

Volkswagen公式サイト

ワーゲンは日本人に人気ですね。この流線型のフォルムが日本車と似た感じがあるので、なじみやすいのが特徴です。この車、後部パワースライドドアに加えて、なんとテールゲートも自動で開けられます。

 

 

  外装(mm) 内装(mm)

燃費

(km/l)

価格

オデッセイ

ガソリン

4,840×1,820×1,685 2,935×1,560×1,325 13.2 3,066,400円~

オデッセイ

ハイブリッド

26.0

3,836,400円~

エスティマ

ガソリン

4,820×1,810×1,760 3,010×1,580×1,255 11.4

3,312,655円~

エスティマ

ハイブリッド

18.0

4,391,673円~

デリカD:5 4,790×1,795×1,870 2,915×1,505×1,310 13.6

3,842,640円~

シャラン 4,855×1,910×1,750 表記なし 13.5 3,680,000円~

※燃費・価格はFFのものを表記 燃費はJC08モード表記

ミニバンのサイズ LLクラス

全長が4,900mm前後、全高が1,800mmを超える大きなミニバンです。ミニバンの中で最大のクラスです。

車体が非常に大きいため、室内空間にはかなりの余裕があり、2列目はもちろんのこと、3列目の乗り心地も抜群でゆったりとした室内空間が魅力です。
その乗り心地は高級ホテルのラウンジのようです。

 

ボディが非常に重たいため、車体を快適に動かすために大排気量エンジンを備えており、2,500cc(2.5L)、3,500cc(3.5L)の排気量を持つエンジンが装備されています。加速力や高速走行などのアクセルワークも安定性が良く、また静粛性も非常に高く車内は非常に静かです。

デメリットは高級感があるが故の価格の高さです。
LLクラスの中でも一番下のグレードが300万円以上、燃費の良いハイブリッドモデルになると400万円以上はしてしまいます。

ミニバン「日産 エルグランド」

日産公式サイト

「偉大」を表す言語を名前に持つミニバンです。2代目が発売された翌日に、TOYOTAがアルファードを発売するぐらい、話題性を欠かないその堂々とした佇まいは圧巻です。

ミニバン「TOYOTA アルファード」

TOYOTA公式サイト

日産のエルグランドを意識して作ったTOYOTA最高級のミニバンです。大きさを感じさせない運転のしやすさは、レーシングドライバーも脱帽だそうです。ハイブリッド仕様車もあります。

ミニバン「TOYOTA ヴェルファイア」

TOYOTA公式サイト

アルファードの兄弟車です。アルファードの性能はそのまま、外観をクールかつモダンに仕上げました。ハイブリッド 仕様車もあります。

 

ヴェルファイアに関してはこんな記事もどうぞ。

粒ぞろい!ヴェルファイアのカラーを独自の視点で人気順にご紹介!

2019年4月16日

ヴェルファイア20系前期・後期・燃費の違いを分かりやすくお伝え!

2019年5月4日

ミニバン「メルセデスベンツ Vクラス」

ヤナセ公式サイト

クルマの王者、メルセデスベンツの最高級のミニバンです。このクラスの車はディーゼル車が基本ですが、今年初めてガソリン車が発売されました。CMは台湾のものです。

 

 

 

外装(mm)

内装(mm)

燃費

(km/l)

価格
エルグランド 4,975×1,850×1,815 3,025×1,580×1,285 9.4

3,318,840円~

アルファード

ガソリン

4,945×1,850×1,950 3,210×1,590×1,400 10.4

3,376,080円~

アルファード

ハイブリッド

18.4 4,384,800円~

ヴェルファイア

ガソリン

4,945×1,850×1,950  3,210×1,590×1,400 10.4 3,376,080円~

ヴェルファイア

ハイブリッド

18.4 4,384,800円~

メルセデスベンツ

Vクラス

4,905×1,930×1,880 表記なし 15.3 5,500,000円~

※燃費・価格はFFのものを表記 燃費はJC08モード表記

2019年1〜4月ミニバン売れ筋ランキング

  1. セレナ       121,060
  2. シエンタ    113,500

  3. ヴォクシー   106,300

  4. フリード     98,484

  5. アルファード   74,910

  6. ノア       66,416

  7. ステップワゴン  63,551

  8. ヴェルファイア  48,686

  9. エクスファイア  47,634

  10. デリカD:5    19,789

 

堂々の1位は日産「セレナ」。その後の順位を見ると、単にサイズが大きければ良い訳ではなく、それぞれ車種の特性をアピールして売上に貢献していることが分かります。

 

まとめ

  • ミニバンとは1.5ボックス車
  • ミニバンの比較はサイズ命
  • ミニバンには5つのクラスあり
  • ミニバンの内装・外装サイズは要チェック
  • ミニバンの価格、 燃費もキーポイント
  • ミニバン売上ランキングは大きさだけじゃない、それぞれの戦略で売上に貢献

 

車種の中でも、サイズに大きく差があるのがミニバンの特徴。それぞれのニーズに合わせて、運命のミニバンと出会える事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です