アウトドアは遊べる軽のハスラーでウキウキ車中泊を楽しもう!

こんにちは、あやです。季節によって自然の様々な表情を楽しめるのがアウトドアの醍醐味。だから、家族や仲間と何回でも行って楽しみたいですよね。

そして、なるべくお金をかけずに出掛けられたら最高だと思いませんか?ハスラー車中泊をすると、思い描いていたアウトドアを実現できます。

今アウトドアでは車中泊がブーム!!

これまで車中泊って、なんとなく「自由気ままでうれしいけど、狭い空間で疲れる。翌日、からだが痛い。」「お金をセーブするには仕方ない・・」と我慢した上での選択肢ではありませんでしたか?

でも今は、ちょっと時代が変わって「車中泊したい!!」という人が増えているのです。

しんじ
各自動車メーカーが空前のアウトドアブームから、車中泊までもを意識したアウトドア向きの車種を次々に発売しているね!
あや(妻)
需要の高さから、みんなコンセプトを揃えて来ているのね。
しんじ
僕曰く、中でもアウトドア向きの軽自動車ハスラーのコンセプトは「C.A.R」なんじゃないかと思っている!
しゅんちゃん(5歳)
しーえーあーる?
しんじが言うC.A.Rとは

C: Comfortable (居心地の良い、快適な)

A: Addictive  (病みつきになる)

R: Reliable (頼りがいのある)

しんじが思うC・A・R車種ハスラーは、軽ワゴンとSUVを融合させた軽クロスオーバーをコンセプトに作られた車種なので、勝手が良くとても快適な車中泊が出来てしまい、アウトドア初心者も女性も虜にしてしまう魅力があります。

ハスラーの室内は○○と同じ!?

ハスラーは、「遊べる軽」をコンセプトに、アウトドア好きを満足させるための機能がたくさん備えられています。サイドのドアにはペットボトルホルダー、そして助手席は倒せば簡易的なミニテーブルに早変わり!

また、室内スペースにもすごくこだわっているんです。

ハスラーの室内サイズ

しんじ
アウトドアグッズって、意外に大きくてかさばるものが多いけど、積めるのかなぁ?

アウトドアをとことん楽しむためには妥協はしたくないのが本音ですよね。だから何が積めて何が積めないかは、とっても重要なポイント!!

それに、なんと言っても車の中では身体をできるだけまっすぐな状態に伸ばしてリラックスして眠りたいものです。

ハスラーの室内サイズ

室内長:210cm
室内幅:110cm
室内高:85cm

実はこのサイズ、セミダブルベッド(長:195cm, 幅120cm)と同じくらいの広さなんです。

しゅんちゃん(5歳)
わーい!パパとママと3人で寝られるね。

室内の仕様は、助手席のみ座席が倒れるタイプやフルフラット(全座席を倒してフラットな状態になること)になるタイプなど様々なので、使用する車のグレード[Jターボ、J、Gターボ、G、A]は、きちんと確認してくださいね

ハスラーの荷室サイズ

重要な荷物を積み込む荷室スペースですが、

ハスラーの荷室サイズ

高さ:87-95cm

幅:100-122cm

奥行:28-43cm

*後部座席をスライドさせた位置によって異なります。

後部座席を全て倒してフラットにすると、その奥行きはなんと160㎝! 長い荷物もスッポリ入りますね。大人2名で1泊して楽しむには十分なスペースがあります。これから何を積むかワクワクしますね。

ただ、あまり欲張ってあれもこれもと積み過ぎると就寝時に「室内に置いておくスペースがない!!」と慌てることになるので、気を付けましょう。

ハスラーでの車中泊を快適にする便利アイテム

ハスラーは、車中泊を楽しむ人のために、自社で上記写真にあるアクセサリーを販売しています。

アウトドア初心者でも、購入すればすぐにでも車中泊が楽しめちゃう優れものでが、ちょっとだけお値段が張るのでホームセンターやショッピングサイトで探してみるのも良いですね。

①マットレス(ベッドクッション)

車内で寝るにはなんと言っても寝床の確保が重要です。出来れば朝までぐっすり眠って、疲労を回復させたいところですよね。凸凹したところに体を曲げた状態で寝たり、座席のリクライニングを倒したまま寝たりすると、翌日首や肩、腰を痛めて、悲鳴を上げることになりかねません。

ハスラーの場合、後部座席と前方座席にちょっとした段差がありますので、その段差を埋めるマットレスを敷くことで心地よい快適な眠りが手に入ります。

②③シェード(カーテン)

外からの視線は、昼夜を問わず気になりますよね。防犯上のセキュリティだけでなく、着替え用の目隠しにもなるシェード(カーテン)はあるととても便利です。ぐっすり眠るには、光を完全にシャットアウトしてしまう方が良いですが、カーテンの隙間からほんのり差し込む日の光で、朝、目を覚ますのも悪くないですね。

左右と前後で別売りされている可能性がありますので、間違えないよう注意して購入しましょう。

④車内フック&ラゲッジネット

フックがあると、ハンガーや鏡、LEDランタンなど、ちょっとしたものを掛けておくことで、スペースを有効活用することが出来ます。

フック4個を使用して、ラゲッジネットを張ると、更に大きなタオルや寝袋などの小物類を載せることが出来るので、頭上の空間をフルに活用できますね。

特に丈の長いアウトドア用品を積み込むには、ラックタイプもオススメです。

⑤インバータ

車のシガーソケットに接続すると、AC100Vの電源を作り出すことが出来ます。電気毛布や携帯の充電など、電気を多く使用する可能性がある場合は、持っていると便利ですね。

必見!ハスラーで車中泊を楽しむためのトータル費用

出来るだけ快適な車中泊をするための準備として、実際どれくらいの費用がかかるか概算で出してみました。

こちらをご覧ください。

  スズキ純正アクセサリー ショッピングサイト 節約術
マットレス(ベッドクッション) 約80,000円 3,000~18,000円 自宅のシングルマットレスを代用
シェード 約45,000円 5,000~13,000円 約1,000円(フックと突っ張り棒を購入し、カーテンを自作)

車内フック&ラゲッジネット

※ネットを吊るにはフックは4個必要になります。

フック約4,000円(2個セット)×2, ネット約8,500円 約8,000円 購入しない
ACパワープラグ(インバータ) 約26,000円 約3,000円  購入しない
トータル費用 約167,000円 20,000~42,000円 約1,000円

スズキの正規販売店で購入すると、約17万円程かかりますが、市販品やショッピングサイトで揃えると、約3分の1くらいの費用で済みますね。

あや(妻)
アウトドア初心者だから、「形から入るタイプ~!」って一気に購入しないで、徐々に揃えるのがいいわね。
しんじ
え!?それ僕に言ってる?
あや(妻)
物置にあるゴルフセットって誰のだったっけー?
しんじ
・・・・。

快適に車中泊が出来るおすすめ場所

初めて車中泊をする場合、車を停める場所や、安全面、防犯面などいろいろ気になることありますよね。

そんな不安を解消するべく、今回は車中泊がより安全に快適に泊まれる場所を2つご紹介します。

RVパーク施設

RVパーク施設とは、RV協会がキャンピングカーのオーナーや車中泊を楽しむファンのために「安全・安心・快適なくるまの旅」が出来るようにと場所を提供してくれている施設で、全国に約120ヶ所以上あります。

どのようなことができるかというと、

  • 24時間利用可能なトイレが使用できる
  • 100V電源供給設備がある(有料)
  • ごみ処理の引き渡しが可能
  • 近隣に入浴施設がある

と利用者にとってはうれしいサービスがたくさんあります。

あや(妻)
メイクも落とせるし、大きなお風呂にゆっくり浸かれるってサイコー!!トイレも近くにあって、安心ね。
しゅんちゃん(5歳)
わーい。広いおふろ?泳ぐ泳ぐー!
あや(妻)
こらー!泳がなーい!
禁止事項
  • 車外での調理
  • アイドリングの禁止
  • 騒音やゴミの置き去り

お互いにきちんとルールを守って、気持ちよく過ごしましょう。1泊1,000~2,000/車で泊まれるなんて、お財布にもやさしいですね。

ほとんどのRV施設では予約が不要ですが、一部予約が必要な施設もあるので、チェックイン時間など事前に各サイトにて確認することをオススメします。

Carstay

Carstayとは、駐車場のシェアリングサービスで、簡単に言うと車版Airbnbです。車中泊やテント泊を楽しむ方向けにオーナーが空いた駐車スペースを有効活用するために貸し出しをしているサービスです。

喧騒を避けて家族や仲間だけの時間を過ごしたり、星空を一人占めしたりするにはもってこいの場所です。

事前に予約をしておけば、確実にスペースが確保されていますので、目的や場所に応じて様々な楽しみ方が可能です。

あや(妻)
目の前がオーシャンビュー!というところもあるみたいね。
しんじ
海から上がる朝日を見れるなんて、あこがれるね。

場所によっては、トイレや入浴施設がかなり離れている可能性もありますので、下調べはきちんとしましょう。

他にも車中泊を楽しめる車種は沢山あるので参考にこちらもどうぞ!

N-BOXは軽自動車乗り心地No.1 カフェの様な車内を徹底検証

2019年3月30日

アウトドアには軽自動車がオススメ?車中泊する時の注意点もご紹介

2019年5月15日

アウトドアをワゴンRで遊びつくせ!車中泊攻略法をおしえます。

2019年5月5日

まとめ

  • ハスラーは、Comfortable(居心地の良い), Addictive(病みつきになる), Reliable(頼もしい)C.A.Rで快適な車中泊が可能。
  • ハスラーの室内サイズは、セミダブルベッド並みの広さ!!
  • 車中泊には、ベッドマットレス、シェードがあると便利。
  • スズキの正規品でアクセサリーを購入すると、約17万円かかる!が、ショッピングサイトで買うと、約1/4に費用が抑えられる。
  • オススメ車中泊の場所は、RVパーク施設とCarstay!

今まで考えていた車中泊のイメージは変わりましたか?また、初めての車中泊はあなたならどこに出かけて行きますか?これからどんどんハスラーに乗って、いつもとは違う特別な夜をお楽しみください!

Have a nice trip!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です