アウトドア好きにはスズキ「ハスラー」今年は車中泊に挑戦!

こんにちは、しんじです。アウトドア好きの方が一度は頭に思い描くであろう車中泊自然の中で、ホテルではない自分の空間で過ごせるのはとても魅力的ですよね。気が済むまで星空を見てから、そのまま車内で眠りについたり、朝早くに出発したい時にも、スムーズに旅の予定を進められるはずです。

車の購入は決して安くは無いお買い物です。せっかく車中泊をしたくて車を買ったのに、いざやってみたら使い辛いくて億劫になってしまったら勿体無いですよね。

今回は車中泊にピッタリで、さらにあなたのアウトドアライフをレベルアップさせてくれる車、スズキ「ハスラー」のご紹介です。

スズキのハスラーの魅力とは

キャッチフレーズは遊べる軽!コマーシャルメッセージでも「多彩なカラー」と「多様な仕様」を魅力たっぷりに宣伝しています。

様々な車種がある中でハスラーをオススメする理由は、「アウトドアのことを考えて作られた車」だからです。

そのハスラーで存分に車中泊を楽しむために知るべき魅力

  1. 広さ
  2. 仕様
  3. 多様性

をしっかりお伝えしたいと思います。

ハスラーの広さって実際どれくらいの広さなの?

公式 スズキ ハスラー

ホテルではなく、車の中で夜を過ごすなんて、なんだか非日常的でワクワクします。車中泊を上手く活用すれば、チェックインの時間を気にせずに夜の時間を落ち着いて過ごせたり、朝起きたらすぐに自然が目の前にあるなんて、アウトドア好きにとっては最高ですよね。

満点の星空や、鳥のさえずりの中で、一日中過ごせるなんて夢のよう。朝起きて、すぐに出発できてしまうのも車中泊の魅力です。日の出とともにドライブなんて、間違いなく気持ちの良い旅の始まりになります。

ガッキー
ただ寝るだけじゃなくて、過ごしやすいといいなあ
しんじ
うまく寝付けないと次の日の運転にも悪影響だしね
ガッキー
何人くらい横になれる広さなの?
しんじ
グレードよるけど、ハスラーなら安心の広さなんだ。ベッドと比較してみたよ

グレード毎の宿泊人数の目安と大きさ

グレードごとの宿泊目安
グレードA:1名
グレードG・Gターボ:2名
グレードJ・Jターボ:2名

グレードA、G、Jの違いは、運転席側がフラットになるかという違いです。
グレードAでも、後部席は床面になるため、親子1名ずつであれば寝れそうですが、少し窮屈かもしれません。

2名泊まれるグレードG・Jの実際の広さはというと、

  • 幅 110cm
  • 長さ 210cm
  • 高さ 85cm
ベットと比較

シングルベッド 幅:97cm(+13cm) × 長さ:195cm(+15cm)

ダブルベッド 幅:120cm(-10cm) × 長さ:195cm(+15cm)

Jターボの寸法図はこちら

公式 スズキ ハスラー
ガッキー
ほぼダブルベッドのサイズなら十分!
しんじ
小さい子供も、一人なら一緒に寝れるサイズだね

ハスラーは、グレードによって広さが変わりますが、2名であればしっかり横になれる広さが用意されています。

多少狭くても、それも旅のいい思い出になるはずです。車中泊ということを考えれば申し分ないサイズですね。

ハスラー関連記事はこちらもおすすめです。

アウトドアをハスラーで!車中泊の常識を思いっきりぶち壊せ!

2019年6月5日

アウトドアは遊べる軽のハスラーでウキウキ車中泊を楽しもう!

2019年5月26日

アウトドアならハスラーで!実は革新的な軽自動車で車中泊を!

2019年4月12日
アウトドアで車中泊!おすすめ車種4選!

アウトドア向き車種4選!!車中泊したい人必見ポイント付きで解説

2019年5月19日

アウトドアには軽自動車ハスラーで遊びに出かけよう!車中泊も可能!

2019年4月7日

ハスラーは広いだけじゃない!細部までこだわったアウトドア仕様

公式 スズキ ハスラー

ハスラーは「アウトドアのことを考えて作られた」車なので、車中泊も「ついで」ではなく「しっかりと」考えて設計されているんです。

いつもと少し違う環境の中での車中泊。普段は朝までグッスリな方も、ふとした時にトイレに行きたくなったり、飲み物が必要になることもありますよね。

夜の暗闇の中、明かりが必要になったり、明かりがなくてもすぐにモノの場所が分かると、より快適に過ごせるはず。普段と違う環境だと、スマホなどをどこに置いたか分からなくなってしまいます。

また、余計な荷物が周りにあった場合、より一層必要なモノは見つかりません。だからこそ、広さを最大限活かせる装備が一緒にあるとさらに車中泊が楽しく過ごせます。

朝までぐっすりフルフラットモード

公式 スズキ ハスラー

車内をフラットにする方法は至ってシンプル!

車内をフラットにする方法
  • 運転席など前方席はヘッドレストを外して背面を後方に倒す
  • 後部座席は背面を前方に折りたたむ

痒い所に手が届く収納スペース

フルフラットモード時に嬉しいのが、収納箇所がしっかりと用意されているということで寝る場所は作れたもの、結局荷物のせいで狭くなっては仕方ないですよね。

床面となる下のスペースや、助手席のお尻の下に収納スペースが設けられているので、少し大きめのものは床下へ、小さな靴などは助手席の下へ収納すれば、寝るスペースの妨げになりません。

ドアポケットには、ペットボトルホルダーもあるため、就寝中に喉が乾いたときでも、場所が分かっているとすぐに取り出せて便利です。

また、助手席を前方に倒すとテーブル代わりになりますので、食事や寝る前のちょっとした時間のブレークタイムを過ごすのにもピッタリ!

ハスラーは、ただ寝床を確保するだけでなく、「居心地よい寝場所」を確保できるというのが最大のポイントです。ほぼダブルベッドの床面を最大限活用できる工夫がたくさんあるんです。

軽自動車で車中泊なら、こちらもおすすめです。

軽自動車で車中泊!!アウトドアや車旅でオススメ軽自動車7選

2019年4月23日

アウトドアには軽自動車がオススメ?車中泊する時の注意点もご紹介

2019年5月15日

N-BOXは軽自動車乗り心地No.1 カフェの様な車内を徹底検証

2019年3月30日

ハスラーは車中泊以外でも快適!屋内スペースの嬉しい使い方

車中泊以外でも、屋内スペースは大活躍します。ハスラーは、あなたのアウトドアシーンに合わせて様々なカスタマイズができるんです。寝る時はもちろん、席を倒してフラットにすることで、様々なアウトドアがより楽しく、過ごしやすくなります。

日帰りのキャンプなども、少し落ち着いて座りながら食事をしたい時や、突然の雨などの際には普通の座席のままだと不安定で飲み物をこぼしたりしてしまうけど、その心配も一気に解決です。

フラットシートで「車中泊」だけでなく「車中飯」を楽しんでいる方もいるようですよ。

また翌日の準備やアウトドアグッズのメンテナンスなども、ある程度のスペースがあった方が効率よく、時間を有効に使えますよね。

釣り好きな人は、日中は外で思い切り過ごし、寝る前の夜の時間に翌日の仕掛けなどを準備できるスペースがあると一日を有意義に過ごせます。
こんな使い方をしている方も。

フラットな床面は、色々な活用が考えられますが、ハスラーでは様々なシーンを想定して、初めから多くのアクセサリーが用意されています。ハスラーアクセサリーカタログHPには、シーンごとのグッズ提案もされています。

車中泊はもちろん、キャンプ、スキー、マリンスポーツ、フィッシングなど、それぞれで必要なものも違いますよね。カタログではシーンごとに便利なフックや収納ネットなどがそれぞれオススメされています。

あらかじめ準備するものが分かっていると出発してから「忘れてた!」ということが無いので良いですよね。ぜひ一度ご覧になってみてください。純正ではないものもでカー用品店やアウトドアショップで販売しています。

アウトドアスタイルや好みにあったものを選ぶ面白さもありますよね。自分にあったカスタマイズをグッズとともに楽しんでくださいね。

ハスラーで車中泊をする時の注意点

ハスラーが車中泊にピッタリの理由、そしてアウトドアにオススメの理由をお伝えしました。しかし、注意点も少しだけ。

それは、そのまま寝ると硬くて寝辛いということ。さすがにちゃんとしたベッドではないので、フラットとはいえ朝まで寝るのには少し辛いかもしれません。

もちろん、そこはアウトドアのことを考えて作られています。サイズがぴったりのフロアマット(ベッドクッション)も販売しています。全体に敷くとすると正規品は約8万円(39,960円×2セット必要)という値段になります。

こちらも、カー用品店やアウトドアショップに同様の商品があるので、自分の好みのものを選んでも楽しいかもしれません。

また、楽しい車中泊を過ごすためにも、安全への配慮は必要です。車の鍵をかけることはもちろん、できれば目隠しもしておきたいところです。

周囲からの目隠し用のカーテンやシェードがあると便利です。シェードは、遮光生地かつ通気性のあるものなので、夏場のちょっとした休憩などでは窓を開けても使用できそうですね。夜眠る際は安全を考え、窓は閉めておきましょう。

ガッキー
目隠しがあると寝る時以外にも色々使えるかも!
しんじ
海水浴とか川遊びの着替えにも使えるし、安全と一緒にアウトドアの幅が広がるよね

まとめ

  • ハスラーのフラットシートは、ダブルベッド同様の広さ。寝るには十分。
  • ハスラーは細部までこだわったアウトドア仕様車。寝るだけでなく過ごしやすさも完備。
  • ハスラーはアクセサリーも充実。アウトドアライフがさらにレベルアップ。
  • ハスラーで車中泊をする時の注意点。安全と安心のためのアクセサリーも準備しよう。

人それぞれ、どういったカタチで車中泊をしたいかは違ってくるはず。しかし、ハスラーはあらゆるシーンに対応可能です。しかも、車中泊以外にも多くのシーンでアウトドアをより楽しく、便利にしてくれるはずです。

ハスラーと一緒に車中泊にチャレンジしてみませんか。自分の想像以上にアウトドアライフが広がるでしょう。車中泊にピッタリの車選びをして最大限楽しめるように。

ぜひ車選びの参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です