アウトドアデートに!新型ジムニーでの車中泊がおすすめな理由

こんにちは!しんじ&あやです。

海に、山に、お出かけが楽しい夏も盛りを迎えました。秋になっても、紅葉狩りや天体観測など…楽しいことが盛りだくさんですね。こんな季節のデートは、アウトドアでアクティブに楽しんでみませんか!?

慣れないキャンプだけど車中泊は楽しめるだろうか?お互いの体を思いやって、安全で楽しい旅にできるだろうか?

そんな不安が拭えないあなたに、車中泊の魅力と、アウトドアデートにぴったりの新型ジムニーをご紹介します。

アウトドア・車中泊のメリットと楽しさ

まずは、行楽シーズンのお出かけにアウトドアデート、そして車中泊がおすすめな理由をお伝えします。経験がものを言いそうな、どことなくハードルの高い車中泊ですが、実は知ればすぐにでも出かけたくなるような大きな魅力があるのです。

アウトドア・車中泊のメリット
  1. 経済的な負担が軽い
  2. 時間の制限が少ない
  3. 場所の制約がない
  4. 2人だけの手作りの旅が出来る
しんじ
車中泊は自分たちの自由に出来て本当に楽だよね。
あや(妻)
ホテル取るより制限がないし、あまり気を使わなくていいし♪
車中泊してみたいカップル
そうなんだ~。ねぇ私たちもやってみない?
車中泊してみたいカップル
そうだね!どんな感じなのかな?
しんじ
ではそれぞれの魅力についてお話します!

1.アウトドア・車中泊のメリット:経済的な負担が軽い

一泊するような少し遠出のデート、となると、やはり気になるのはお金のことではありませんか?ホテルを2人分予約したり、朝昼晩の外食、交通費など、楽しい経験と引き換えに、多くのお金が必要です。

あそこに行きたい、ここも行ってみたい…と夢が膨らむ中で、たくさん旅行をするというよりは、どこかに絞って贅沢をする、という経験もあるのではないでしょうか。

車中泊の場合、キャンプ場などに宿泊しない限りは、宿に対するお金は必要ありません。ご飯も、材料を持って出かけてその場で料理をするのであれば、レストランで食事をするのとは比べ物にならない安さで済ませることができます。

もちろん、キャンプに必要な道具を最初に買い揃えるのにはある程度の出費が必要です。しかし、その道具を大切に、様々な場所にお出かけできると考えると、長期的に見てとても経済的な楽しみ方であると言えるのです。

日常の中でプチ贅沢な旅をたくさんしたい!という2人にはとてもおすすめです。

2.アウトドア・車中泊のメリット:時間の制約がない

ホテルのチェックインに間に合うように到着しなくては…、チェックアウトの時間があるから何時までには起きないと…、なんて時間に追われながら旅行をしたり、そんな時に道が混んでいて焦ってしまったり、行程と時間の制限の決まっている旅行は何かと疲れがたまりませんか?

2人で車中泊をするのであれば、そのような心配は要りません。

少し疲れてしまったら途中でたっぷり休んでもいい。思っていたよりも進むことができたから今日はここで眠ろう、なんて行程を急に変更してもいい。疲れたから明日はお昼まで眠ろうか、なんてのんびりプランでも人に迷惑をかけない。

そんな自由でマイペースな旅が叶うのです。これなら、慣れないアウトドアでも無理なく楽しむことができそうです。

3.アウトドア・車中泊のメリット:場所の制約がない

時間の自由と同様に、ホテルが決まっていない上に予約の必要も無い、となるとご飯を食べ、眠る場所を好きに決められるということです。

思ったよりも素晴らしい景色に出会えたから、ここを今日の基地にしよう、なんて、なんだかワクワクしませんか?道中のちょっとした休憩場所を選ぶのも楽しくなりそうです。

もちろん、車中泊が禁止の場所や私有地などもあるため、泊まっていい場所かどうかは事前によく確認してくださいね!

4.アウトドア・車中泊のメリット:2人だけの手作りの旅

インターネットやSNSが発達してから、旅行プランや人の発信する旅行情報を多く目にすることができるようになりました。誰かの経験した、素敵な旅もいいですが、2人で考えた、オリジナルの旅はきっと、より思い出に残ります。

時間・場所の制約のないアウトドアデートは、2人らしくカスタマイズして楽しんでみてはいかがでしょうか。

ここまで、アウトドアデートの魅力をお伝えしました。

キーワードは「自由」です。何にも縛られず、周りの人の影響も受けず、2人のペースで、2人だけのプランでデートを楽しむことができるのです。2人で話し合って行程を決められるからこそ、より仲の深まる旅になるでしょう。これなら、日常の疲れも癒して、楽しいお出かけにできそうですね。

車中泊してみたいカップル
わぁ~!なんだか楽しそう!
友人C
考えるだけでワクワクするよね♪でも車はどうしよう?僕のジムニーじゃちっちゃい気もする…
しんじ
大丈夫!ジムニーでも車中泊出来るよ。

では、このような魅力たっぷりのアウトドアデートと車中泊に、新型ジムニーがぴったりな理由をここからご紹介していきます。

アウトドア・車中泊に新型ジムニー:デザイン性と機能性の高さ

スズキ公式HP
車中泊してみたいカップル
新型ジムニーのいい所はたくさんあるんだよ!
しんじ
ジムニーはむかーしから人気があるもんね。
新型ジムニーの魅力
  • おしゃれでかわいらしいデザイン
  • 優れた収納力
  • アウトドアに最適な走行性

ではその魅力を紹介します!

新型ジムニーのおしゃれでかわいらしいデザイン

スズキ公式HP

20年ぶりにモデルチェンジした新型ジムニーは、「誰が見てもジムニーとわかる」デザインを、と丸型のヘッドランプなどジムニーの伝統的なデザインを継承しながらも、以前の丸みを帯びた形から、スタイリッシュなスクエアボディに変化を遂げました。

機能性を最大限に追求した、アウトドアの「道具」として頼もしいデザインですが、どこかレトロでおしゃれに見えると、女性にも人気の新型ジムニー。かっこよくも可愛らしいこの車でなら、気分も上がり、楽しくアウトドアにでかけることができそうです。

車中泊してみたいカップル
ジムニーは私が運転しててもさまになるからいいのよね~。

新型ジムニーの収納力

スズキ公式HP

ジムニーの荷台のドアは横開き。開口部も非常に大きく、スムーズに荷物の出し入れができます。荷室の幅は1m以上あるため、共同作業もしやすそうです。

アウトドアというと、キャンピングカーのような大きな車に荷物をパンパンに積み込んで…なんて印象を抱きませんか?そのような旅に、コンパクトなジムニーは適していないようにも思われます。

でも実は、新型ジムニーのラゲッジスペースはかなり優れものです。

車中泊してみたいカップル
二人でゴルフによく行くんだけど、ゴルフバッグは二つ余裕で入るよ。

スズキ公式HP

新型ジムニーの走行性

スズキ公式HP

キャンプに行く時に通る道は、全てが舗装され走りやすく整備されている訳ではありません。ぬかるんだ泥道にも、雪が積もった道にも、石や砂利の多いでこぼこ道にも、たくさん出会います。険しい道の先に美しい景色が…そう思っても不安はつきまといますよね。

そんな時に頼もしいのが、この新型ジムニーです。2人の旅路を支える機能の一部をご紹介します。

新型ジムニーのブレーキ:パートタイム4WD

スズキ公式HP

でこぼこした道で片側の車輪が浮き、空回りしてしまうと、もう一方の車輪の地面を蹴る力が働かなくなり、その場所から抜け出せなくなってしまう、というのが、道の悪い場所での危険の一つです。道の悪い場所で人の助けを待つのも、心細いですよね。

しかし、ジムニーは駆動状態を4WD低速に切り替えることによって、浮き上がって空回りしてしまっている車輪にだけブレーキをかけることができます。これによってもう一方の接地している車輪がうまく地面を蹴ることができるようになり、この状態から抜け出すことができるのです。

新型ジムニーの広い視界の確保

スズキ公式HP

どのような環境でも安全に走行するために最も大切なのは、運転者が視野広く周りを見て運転することです。

新型ジムニーは、サイドミラーの位置やピラーの位置、形状など様々な工夫を凝らし、視認性の向上を図っています。前方以外に、自分の車の位置や後方の車にも注意を払いやすいデザインと構造なら、慣れない道の運転でも安心です。

新型ジムニーの衝突防止のサポート

スズキ公式HP

視界の悪い場所や天気の悪い日には、他の車両や突然現れた歩行者、障害物などに気がつくのが遅れてしまう場合もあります。地面の悪い場所では、こうした急なピンチの時に、障害物を避けることも簡単ではありません。

このような場合に備えて、新型ジムニーはデュアルセンサーブレーキサポートを搭載しています。何かに衝突してしまう恐れがあると判断した場合、アラーム音や表示で運転者に知らせたり、ブレーキペダルを踏むと、より強くブレーキがかかるようアシストしてくれます。

さらに、衝突する危険が非常に高くなった場合には、自動的にブレーキをかけてくれるのです。

新型ジムニーの標識の自動認識システム

スズキ公式HP

新型ジムニーは最高速度や進入禁止、はみ出し走行の禁止など、道路標識のうち重要なものを自動で認識して、アラームと表示で運転者に知らせてくれます。

長時間の走行が続いたり、慣れない道を走っていると、どうしても集中力が下がりそうになってしまうもの。車のサポートもうまく活用して、安全な旅路にしたいですね。(もちろん、しっかりと休憩を挟んで運転してくださいね…!)

新型ジムニーの警報機能

スズキ公式HP
スズキ公式HP

標識があった場合以外にも、走行の状態をみて新型ジムニーは運転者にお知らせをしてくれます。

中央線をはみ出してしまっている時、走行が左右にぶれ、ふらついてしまっている時、前の車が停止状態から発進した時など、細かな走行状態にも気配りをすることにより、危険な状態に陥ることを事前に防ぐためのお手伝いをしてくれるのです。

新型ジムニーの衝撃吸収

スズキ公式HP

運転者が最大限に注意を払って運転していても、警報機能が充実していても、不慮の事故が起きてしまう場合はあります。そのような万が一の事態に備えて、新型ジムニーの車体構造は衝撃を吸収できるデザインが追求されています。

衝突してしまった場合に、乗っている人の頭だけでなく首への衝撃も抑えることができるよう、高剛性・高強度なフロントシートフレームを採用し、シートバックの高さも高めにしてあります。

さらにボンネットやフロントバンパーの構造・素材にも衝撃吸収のためのコンピュータ検証が繰り返され、下半身をも守ることができるようにとこだわられています。

以上、新型ジムニーがもつ、安全な走行のための充実した機能の一部をご紹介しました。接地性や操作性にこだわり、シンプルで頑丈な作りを追求して作られてきたこの車種は、どのような環境でも力強く走り続けることができるのです。

安全のための機能も満載の新型ジムニーなら、2人の慣れない旅路も、安心して任せることができそうです。

車中泊してみたいカップル
僕らがジムニーを選んだ理由わかってくれた?
車中泊してみたいカップル
昔からある車で、信頼性も高いしね。

アウトドアで車中泊:女性も嬉しい!とことんこだわる「快適な」キャンプ

どことなく男性のかっこいい趣味のような先入観をもってしまっていたアウトドアですが、「ソロキャンプ」「アウトドア女子」などの言葉が流行りはじめ、女性も楽しめるんだ…!と惹かれる気持ちが生まれました。

「私もキャンプをしてみたい!」「彼女とキャンプにいけたらな」という気持ちを抱くようになった方も少なからずいるのではないかと思います。

しかし、やはりここでどうしても気になるのが、安全清潔快適に過ごせるのかな…という点なのではないでしょうか。そんなことを気にするなら、アウトドアに興味があるなんて言うな!と怒られてしまいそうですが、不安なものは不安なのです。

そこで、そのような不安を新型ジムニーがどのように解消してくれるのか、ご紹介します。

車中泊してみたいカップル
やっぱり初めての車中泊は不安が大きいのよね。
あや(妻)
確かに私も最初は少し抵抗があったなあ。
しんじ
でも大丈夫。新型ジムニーの頼もしいところをさらに紹介するよ。

新型ジムニーの「安全」

大きな荷物を積んだり、平坦ではない場所で乗り降りしたり、持ってきた荷物を降ろして広げたり…キャンプの日には、いつものドライブと違う点がいくつもあります。2人で協力して作業をして、安全に行って帰ってきたいですよね。

ジムニーなら、助手席に乗降用のサポートグリップがついていたり、小さな力で大きく開くことのできるドアになっていたり、ドアのグリップには全て握りやすく滑りにくい大型のデザインが採用されていたり…と細かなところにも安全への配慮がされています。これなら荷物を持っていても、雨の日でも、安心して乗り降りできますね。

新型ジムニーの「清潔」

大自然の中に飛び込む旅、とはいえどもやはり汚れていいのとは話が違います。全力で楽しみながらも、清潔な環境は保ちたいものです。

ラゲッジボックスやツールボックスがついているため、外で使った道具や汚れた荷物を収納することができます。寝泊まりする空間と、汚れたものを分けることができるのは大きなポイントです。

また、ジムニーなら雨の日の乗り降りや、荷物の出し入れがあっても安心です。ドリップレールがついているため、車内に雨が入りにくい構造になっています。

新型ジムニーの「快適」

車中泊、夜通しのドライブ、長時間のデート、となるとやはり気になるのが疲労ではないでしょうか。自分の疲れも溜まることなら、相手の体調も気遣いたくなるものです。

ジムニーは長時間の走行にも配慮して作られており、シートの形状と材質、微妙なシートの位置の調節など、疲れにくくするためのこだわりが詰まっています。

また、それぞれの座席が12段階リクライニングできるため、運転をしていない時には体を十分に休めることができます。全てのガラスがUVカットになっているのも、女性には嬉しいポイントですね。

そしてなにより、睡眠です。翌日も朝から2人の時間を楽しむためにも、睡眠はたっぷりとっておきたいですよね。お休みの際には、運転席、助手席ともにシートを完全に倒し、フルフラットの状態を作ることができるため、2人でなら横になって眠ることができます。

 

このようなたくさんの配慮と充実した機能が、この旅を素敵なものにする、お手伝いをしてくれるのです。ほっとしたらもう、今すぐにでもキャンプに出かけたくなってきませんか?

車中泊してみたいカップル
これなら初めてでも安心して楽しめそう!
車中泊してみたいカップル
本当だね。早くやってみたいな。

因みに、スズキには他にも車中泊できる軽自動車を用意していますよ。

アウトドアをワゴンRで遊びつくせ!車中泊攻略法をおしえます。

2019年5月5日

アウドドア旅行をクロスビーで楽しもう!車中泊なら手軽で簡単!

2019年5月9日

アウトドア好きにはスズキ「ハスラー」今年は車中泊に挑戦!

2019年6月13日

新型ジムニーでさらに便利で快適な車中泊にするには

スズキ公式HP

ここまで新型ジムニーの頼もしい点をたくさんご紹介してきました。しかし、もちろんコンパクトな造りが故に、不安な点もあります。

2人のキャンプにぴったりのジムニーを、もっと便利に使いこなしていただくために、いくつかのグッズをご紹介します。

ルーフキャリア

シンプルで走りやすさをとことん追求した新型ジムニー。やはり積載性には少し不安が残ります。荷物をコンパクトにまとめた上で、荷室に加えルーフも活用して、必要なものを持ち運ぶといいでしょう。

ベースキャリアやルーフキャリアの他に、サーフボードやスキー・スノーボードを固定するためのアタッチメントもあります。

アウトドアマット

座席を倒してフルフラットにすることが可能ですが、あくまで凸凹や隙間は生じるものです。快適な睡眠をとり疲れを癒すためにも、マットを敷くのが望ましいと言えます。

マットは薄くて持ち運びやすいデザインのものが多く、また2枚横に並べると隙間が気になる場合もあるため、3枚以上を重ねて使用することをおすすめします。

カーテン

2人で一緒とはいえ、外で一晩を過ごすのには、少し心細い思いがありませんか?防犯性を高め、安心安全な旅にするために、カーテンをつけて外からの視線を遮ることをおすすめします。(カーテンをつけたとしても、貴重品を置いたままの外出などは控えてくださいね。)

カータープ

コンパクトな造りになっているため、コーヒータイムなどの休憩や食事のすべてを車内で完結するのは難しいです。居住空間を広げるためにも、カータープは必須アイテムと言えます。

必ずエンジンを停止した状態で使用し、地面と車体に固定してください。キャンプ以外にも、釣りなどの場面でも活躍してくれます。

 

さらに、ジムニーなら、スタイリッシュな専用アクセサリーも充実しているのです。快適さを追求しながらも、自分らしく車をカスタマイズすることができたら、とても素敵ですよね。周りの注目を集めることも間違いありません。

スズキ公式HP
  • ステッカー
  • スペアタイヤカバー
  • サイドミラーカバー
  • ナンバープレートトリム
  • 夜間走行用のイルミネーション

この他にも装飾のためのアクセサリはたくさんあります。人気のサイのマークやスタイリッシュな車種名のロゴ、さらには初代のカタカナのロゴなど、遊び心満載のデザインで、自分たちだけの車に仕上げて楽しむことができます。

おしゃれな車体に装飾を施して、お気に入りの新型ジムニーと早速でかけてみませんか?

車中泊してみたいカップル
僕らだけの旅に、僕らだけの新型ジムニー。素敵だね!!
車中泊してみたいカップル
早速アクセサリで装飾して出かけたいね。わくわくしてきた!

新型ジムニーでのアウトドアの様子

最後に、実際に新型ジムニーと車中泊に出かけている人たちの、楽しいキャンプの様子を少しご紹介します。

座席をフルフラットにした上にマットを敷き、さらにその上からエアーマットを使うというテクニック!バルブを回すと自動でエアーマットが膨張し、ふかふかの寝床が実現します。

これなら、ただマットを敷くのとは比べ物にならない快適な睡眠が手に入りそうです。

こんなにたくさん荷物を積むことができるのですね。スクエアのデザインで開口部が広いので、余分に持ち上げることもなく、荷物の出し入れもしやすそうです。

この開口部の広さと形を生かすなら、同じようにスクエアのコンテナやバッグを使うと無駄がなく、たくさんの荷物を運ぶことができますね。

荷物がたくさん載るようルーフキャリアを活用されていて、さらに荷物が落ちないようネットを張る工夫をしているようです。小さなものもルーフキャリアの上に積むことができるよう、このようなコンテナを用意しておくとさらに便利なのですね。

コンパクトな新型ジムニーでも、とっても収納力が高い上にルーフにここまで荷物が積めるのなら…何泊かして遠出することも、屋外で満足なご飯を作ることもできそうです。夢が膨らみますね。

この方はカータープを張って料理もし、マットを広げてゆっくり睡眠。ソロキャンプなので運転席の後ろにテーブルを置いて、車内でも食事や休憩を存分に楽しんだり、車内のインテリアを様々に工夫しながら楽しんでいます。

同じ新型ジムニーでの車中泊でも、そのスタイルや行程は本当にひとそれぞれです。毎回同じように出かけるのではなく、いろいろな楽しみ方を試してみるのも、面白いですね。

軽自動車で車中泊するなら、こんな記事もどうぞ!

アウトドアには軽自動車がオススメ?車中泊する時の注意点もご紹介

2019年5月15日

軽自動車で車中泊!!アウトドアや車旅でオススメ軽自動車7選

2019年4月23日

まとめ

  • お金、時間、場所など全てを2人の思うままに自由に決められる車中泊は、デートにぴったり。
  • おしゃれでスタイリッシュな新型ジムニーには、安全のための技術・機能が満載。
  • 新型ジムニーでなら、「安全、清潔、快適」三拍子そろったアウトドア、車中泊を実現。
  • より快適な旅にするためには、アウトドア用のグッズや、ジムニーの専用アクセサリの活用がおすすめ。
  • 車中泊の実体験を紹介しました。

コンパクトで、長時間の走行や過酷な環境にも耐えられるようにと考えて作られた新型ジムニー。そこには、安全や清潔な環境を保つための様々な配慮や工夫が凝らされていました。新型ジムニーでなら、2人で快適に車中泊をも楽しむことができます。

レトロで可愛らしい新型ジムニーとキャンプに出かけて、素敵な思い出を作ってみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です