N-BOXのここが知りたい!マイナーチェンジした箇所はここ!

新車購入時の原資になる愛車をディーラーで下取りしてもらってませんよね?それ、損するパターンです!!

愛車は一括査定することにより、ディーラーで下取りしてもらうよりもめちゃくちゃ高く売れます。

皆さんが新車購入時に損をしないように、実体験から得た新車購入時の値引きテクニックをまとめて紹介してみました↓

→【新車の驚愕値引き手法とは】相場限界を知ることと愛車の一括査定! 

こんにちは!しんじです。今や各メーカーの軽自動車の中でも、不動の人気となっているホンダのN-BOX。

まるで留まるところを知らないかの様な勢いです!発売から8年、その間にNシリーズも様々なタイプが続々と仲間入りしました。

今回は、このN-BOXのマイナーチェンジについて、そしてN-BOXの歴史、また新車や中古車の購入時等についても色々と調べてみたいと思います。

そもそもN-BOXとは?

HONDA【公式サイト】

N-BOXは、2011年から製造されている、スーパーハイトワゴン型の軽自動車です。2017年9月1日に初のフルモデルチェンジが行われ、現在は2代目となります。

(上の画像は初代N-BOX、カラーはプレミアムホワイトパールです)

その人気は、2012年、2013年、2015年、2016年の『軽4輪車新車販売台数』1位を獲得!

そして、普通車も含めた自動車市場全体でも大変な支持を得ており、新車販売台数(2016年12月~2017年3月まで)なんと連続1位の座に輝いているのです!

N-BOX・マイナーチェンジの歴史とは?

HONDA【公式サイト】

時を遡る事1967年、ホンダに新しい産声が上がりました。Nシリーズの原点となる『N360』の誕生です。

小さくて可愛いデザインに、その当時『Nっころ』の愛称で多くの人達から親しまれました。

お洒落なカラーバリエーションからも、当時車に興味を示さなかった女性達からも注目の的となります。

あや(妻)
うわぁ~レトロで可愛い~!丸いサイドミラーがボンネットの左右の前方についているところがまた良いなぁ~

そして、今までの『軽は狭い』という常識を覆して、客室から設計を始めます。その結果『エンジンはコンパクト、乗る場所は大きく』と、人を中心とした車が誕生したのです。

しかもこの『N360』単なる可愛らしいデザインだけではなく、軽とは思えない、ハイパワーエンジンでパワフルな走りを見せ、多くの人々を驚かせます。

結果、軽自動車の国内販売で3年連続トップの座に輝いたのです!

N-BOXの『N』って?

N-BOXのNとは、Norimono(のりもの)のNです。HONDAの創業者である本田宗一郎氏によって名づけられたと言われています。

ただの機械ではなく『人が乗るためのもの』という意味合いが込められています。

『車が憧れの存在』だった時代から『車がある時代』へと経済的にも成長していった我国にとって、家族や仲間と楽しくドライブする事は『豊かさの象徴』でした。

当時の人々の家族的存在になっていったのです。

それは当時の人々だけでなく、車を家族の様に愛する、現代に生きる私達にも共通する事ですね。

こうして1967年から常にトップを走り続けて来たN360ですが、1972年に販売を終了しました。ここで一旦Nシリーズは途絶えます。

そして月日は流れ、2011年、HONDAが今まで大切にしてきた『人を中心とした車作り』MM(マン・マキシム・メカ・ミニマム)の思いの込められたNシリーズが再び誕生したのです。

N-BOXの歴史をもっと知りたい方はコチラもおすすめ。

N-BOXの意味は一体なんだろう?Nの文字にある深い想いとは

2019年4月13日

マイナーチェンジとフルモデルチェンジの違いって何?

HONDA【公式サイト】

さて、ここで車のモデルチェンジについてお話しましょう。

モデルチェンジには『マイナーチェンジ』と『フルモデルチェンジ』の2つがあります。

それぞれどういう意味なのか見てみましょう。ちなみに、上の画像は初代のN-BOXです。

マイナーチェンジとは?

マイナーチェンジ

内装・外装のデザイン変更や、機能の追加、グレードの追加、そして問題点の改良などの細かい修正の事を言います。

簡単に言うと『一部改良』の事ですね。

2015年2月5日、HONDAはN-BOXN-BOX+をマイナーチェンジしています。(上の画像がマイナーチェンジ後のN-BOXです。カラー:プレミアムホワイトⅡ)

フルモデルチェンジとは?

フルモデルチェンジ

デザインや設計、エンジン等の大幅な変更の事を言います。車名は変わりませんが、見た目は全く変わる車もあります。

こちらも簡単に言うと『全面改良』の事ですね。

2017年9月1日HONDAはN-BOXをフルモデルチェンジしています。

HONDA【公式サイト】

こちらがフルモデルチェンジ後のN-BOXです。

ボディーカラーも【プレミアホワイトⅡ】から【プラチナホワイトパール】とに変更されました。

尚、モデルチェンジの時期は、メーカーや車種によって違う為、決まっていません。大体2年~6年おきくらいとは言われていますが、はっきりした事はわからない様です。

あや(妻)
私も生まれ変われるなら生まれ変わりたーい
しゅんちゃん(5歳)
僕も生まれ変わりたーい
しんじ
しゅんちゃん、まだ五歳だよ?!

N-BOXプラスとは?

HONDA【公式サイト】
しんじ
これは・・・普通のN-BOXの様に見えるけれど違うのですか?
クルマ先生
はい、これはN-BOX+(エヌボックスプラス)と言いまして、一見普通のN-BOXと何ら変わりなく見えますが、ベースとなる車種を部分的に変更して作られたもの、または仕様の一部を変更して出来た、グレードが異なったタイプのものなのです。それらを『派生車』と言います。
しんじ
なるほどぉ~!じゃあN-BOX+は、N-BOXの派生車と言う事ですね。同じメーカーの車でも色々あって奥深いんだなぁ。

N-BOXは何処をマイナーチェンジしたの?

N-BOXは近年だと2回かわっており、2015年にHONDAはNシリーズのうち、5モデルをマイナーチェンジしました。

そして2017年にフルモデルチェンジをし現在(2019年)に至ります。

では、N-BOXは何処をマイナーチェンジしたのでしょうか?Nシリーズのベースモデルである、N-BOXで見てみましょう。

※上の動画のCMは、2019年1月配信のものです。

N-BOXボディーカラーの新色の追加

HONDA【公式サイト】

まずはボディーカラーの新色の追加です。

こちらのプレミアムピンク・パール(2015年)は有料色でしたが、2015年の11月に一部改良の際、有料色から専用色に変更されました。

その後、2018年にこのカラーは廃止され、現在はピーチブロッサム・パール(有料色)に変わりました。

現在は、どの様な色になったの?

HONDA【公式サイト】

こちらが現在のカラー【ピーチブロッサム・パール】です。

上品で落ち着きある清楚なピンクをイメージしているとの事です。

あや(妻)
確かに見比べてみると、変更前は可愛らしいイメージのピンクだけれど、現在は可愛らしさの中にも品もあって何となくスッキリした感じね~。でもどちらも素敵だわ!やっぱりピンクって可愛くて好きだなぁ~。

N-BOX使いやすさの向上・快適装備

HONDA【公式サイト】

外観の変化の次はやっぱり快適に過ごせるかも重要なところですよね。室内はどのように変わったのでしょうか。

室内空間
  • 室内高140センチ、室内長218センチに進化
  • スライド機能の追加

室内と室内長をチェンジ

N-BOXはエンジン全体を完全コンパクト化することで、室内高140cm、そして室内長は218cmと、軽自動車最大級(※2015年2月当時のものです)前席、後席どちらに乗っても快適で広々な空間を実現しました。

スライド機能を追加

HONDA独自の【※チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5割式・4段リクライニング付)】

他にも、シートバックテーブル【コンビニフック付き】も選択可能となっていて【スライドリアシート装着時のみ】います。

至れり尽くせりの便利機能満載です!

※スライドリアシートは、メーカーオプション設定です。

あや(妻)
これならどんどん快適なドライブが楽しめそうね

N-BOXについての記事はこちらもおすすめです。

N-BOXは軽自動車乗り心地No.1 カフェの様な車内を徹底検証

2019年3月30日

N-BOXvsハイブリッドカー 総合力対決!その勝敗や如何に!?

2019年4月8日

N-BOXの口コミは子育てママに特に必見な情報ばかりって本当!?

2019年4月4日

N-BOXは女性に優しい!紫外線(UV)赤外線(IR)カット!

HONDA【公式サイト】

女性の大敵である紫外線(UV)を99%カットする機能付きガラスをフロントウィンドウにがついています。

あや(妻)
やった~!これで日差しの強い日も快適にドライブ出来るわね!

そして、赤外線(IR)による不快な暑さを減らして冷房効果を高くするスーパーUVカットガラスをフロントコーナーとフロントドアに取り入れました。

日差しの眩しさを軽減して、プライバシー保護にも役立つ、【ロールサンシェード(後部ドア)】をタイプ別に設定しています。

以上、N-BOXのマイナーチェンジをご紹介しました。

新車?それとも中古車?N-BOXをお得にゲットするには?

N-BOXが欲しいと思う方は出来るだけお求めやすく買いたいって思いますよね?車は大きな買い物の一つになります。

では、まず新車でお求めやすく購入するにはどのようにどうしたらいいのでしょうか?

新車購入の場合

フルモデルチェンジをした直後の新車は、正直言って値引は難しいです。

でも!モデルチェンジ発表後は、現行車は旧型となり、在庫を売りつくそうと値引が増加する流れになります。

結果、かなりお得にゲット出来ます!値引きの旧型を選ぶか?それとも最新型か?選ぶのはあなた次第です!

しんじ
そういえば以前、新車を購入して間もなく、その車のモデルチェンジ発表があって悔しい思いをした事あったよなぁ・・・くうぅ・・・。
あや(妻)
しんちゃん落ち着いて!(汗)(

では中古車購入の場合はどうなのでしょうか?

中古車購入の場合

マイナーチェンジ、フルモデルチェンジが行われると、新モデルの新車に買い替えたい人、または自分の現在乗っている車種の最新モデルを欲しくなる人が増えてきます。

そうなると・・・旧モデルの中古車が市場に増え、中古車価格が下落傾向に!

なので、中古車を購入するなら、モデルチェンジの後を狙うと、お得にN-BOXの中古車を買える可能性大になるのです!

これは見逃せませんよね~!

まとめ

  • N-BOXは、スーパーハイトワゴン型の軽自動車。新車販売台数連続1位の座についている
  • 1967年誕生の『N360』を原点とし、その思いを引き継ぎ、2011年に再び誕生した。
  • マイナーチェンジは一部改良の事、フルモデルチェンジは、全面改良の事である
  • 2015年のマイナーチェンジの内容は、内装外装のデザイン変更、使いやすさの向上、快適装備の追加。
  • モデルチェンジ発表後は、現行車は旧型になり、かなりお買い得に。中古車も最新型を購入する人達の影響で、かなりお買い得になる

HONDAのN-BOX、いかがでしたか?マイナーチェンジやフルモデルチェンジと、改良に改良を重ねて、乗る人々に喜んでもらえるようなより快適で安全な車を作る。

それは創業者である本田宗一郎氏の人や車に対する温かい思いが今も生きて、大切に引き継がれているからではないでしょうか。

これからも益々の進化を遂げて活躍する事を期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です