ヴェルファイアに込められた意味を進化の歴史から徹底解剖!!

愛車を売るなら絶対に買取業者で一括査定です!

ディーラーの下取りと比べると数十万円の差額が出る場合もあるんです。

新車購入を検討している方、今からでも遅くはありません!

無料で一括査定してくれるので検討してみてください♪

複数の買取業者とのやりとりがめんどくさい人にはこちらもおすすめです。

新車値引きについてもっと知りたい方はこちら!

【相場限界を超える・新車の値引き手法】トラブルあり?一括査定

 

皆さん、どうもこんにちは。少年の心を忘れない男、少年ハートしんじです。

TOYOTAのヴェルファイアについて、その名の意味を考えた事はあるでしょうか??

この世の中には様々なものに名前が付いていて、その一つ一つに意味を持っています。

これを読んでいる読者の方、ご自身にも”名前”というものが付いているはずです。

一度はご自分の、その名の意味をご両親に聞いてみた事があるでしょう。

そしてそれは車も同じです。今回はヴェルファイアの意味と、そしてTOYOTAが”その名”にどんな想いを込めたのかをお話ししていきます。

ヴェルファイアが持つその名の意味

ヴェルファイアの名前の由来は、英語の物静かなと言う意味合いの【Velvet】と、炎(情熱)を意味する【Fire】からなる造語で【クールな情熱を持つ車】と、なるようです。

しんじ
おおおおおおおっ!!!外観に恥じぬ名前に込められた意味。男心をくすぐる事請け合いだね!!!
あや(妻)
ロールキャベツ男子って事ね♪
しんじ
いやいや、スーパー〇イ〇人の方がしっくりくるから!!!穏やかな心を持ちながら…
あや(妻)
はいはい、そうですね~(棒読み)

見る人を圧倒するデザイン、一色で統一されたエクステリアからクールで堂々としたイメージのヴェルファイアですが、ドライバーを危険から守ると言った安全面において情熱を内に秘めた車なんです。

これを知った私にはヘッドライトがメラメラと燃え盛るイメージが想像出来ましたが、その色は赤い炎ではなく、クールに情熱を燃やす青い炎がしっくりくるかなと思いました。

そんな内なる情熱を秘めたヴェルファイアの歴史を少しだけ振り返ってみましょう。

ヴェルファイアの歴史

初代ヴェルファイアを20系、2代目を30系と言います。もともと取り扱いのあったアルファードの事実上の後継者にあたり【力強さや先進性】をコンセプトに2008年5月から販売が開始されました。

初代20系“08モデル”

TOYOTA公式サイト

2008年5月~2014年12月に販売されていた初代ヴェルファイアは【威風堂々・ミニバンの頂点】として先代からフルモデルチェンジを果たしました。

低床化や低全高化したことでフォルムはより洗練され、ゆったりとした室内空間を実現しています。

マイナーチェンジを境に前期と後期に分類されますが、販売終了となった今もなおファンの間では人気の高い車種となっています。

友人A
後期にはハイブリッド車も登場して燃費への向上が更に伺える仕様になったんだよね!!

ヴェルファイア20系と30系の記事に関してはこんなものもあります。

ヴェルファイア20系前期・後期・燃費の違いを分かりやすくお伝え!

2019年5月4日

ヴェルファイア20系と30系の今更聞けないあんな事やこんな事!

2019年5月14日

2代目30系“15モデル”

TOYOTA公式サイト

2015年1月~2017年11月に販売された2代目ヴェルファイア”15モデル”。

これまで確立してきた【高級感と力強さ】に先進の安全技術と、更に高い満足を提供する新グレード『エグゼクティブラウンジ』を加え後席に座る人達に嬉しい『大空間サルーン』を体現することで広々とした居住空間を実現しました。

こちらの”15モデル”にも前期と後期があり、現行の新型ヴェルファイアは30系後期の位置付けとして【進化を続けるヴェルファイア】のコンセプトのもと2017年12月から販売が開始されています。

高い人気はもちろん、外装はよりダイナミックに【圧倒】と言う意味では右に出るものがいない程の進化を遂げています。

室内空間にも高級感を盛り込み、乗り手に優越感満足感を与える仕様になりました。

あや(妻)
車内が広々で嬉しい♪これならアウトドアだって行けちゃうかも♪

ヴェルファイアに関する記事にはこちらもオススメです。

ヴェルファイアでの車中泊は8人乗りシートでOK?それとも7人?

2019年5月9日

ヴェルファイアハイブリッドの燃費は4WDでも抑えられている理由

2019年5月7日

粒ぞろい!ヴェルファイアのカラーを独自の視点で人気順にご紹介!

2019年4月16日

ヴェルファイアの進化①走行性能編

TOYOTA公式サイト

進化を続けるヴェルファイアですが、まずは乗り手を高揚させてしまうその走行性能から見ていきましょう。

走行中でも会話のしやすい環境へ

振動・騒音を抑える高剛性ボディに塗布型制振材を適切に配置し、さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させています。

TOYOTA公式サイト

同乗者がいる場合にドライブと一緒に楽しみたいのが会話ですよね。

走行中のスピードや道路状況などにも左右されがちな場面は多々ありますが、進化を遂げたヴェルファイアであれば車特有の騒音は皆無と言ってもいいでしょう。

友人A
走っている時って相手が何を言っているのか聞こえなくて、分からなくても相槌を打っちゃう場面ってあるんだよね。
友人B
新型のヴェルファイアなら、そんな相手との意思疎通にも一役かってくれているのも嬉しい利点だよね!上司を乗せて走る場面もイメージ出来ちゃうね♪

静粛性に優れたヴェルファイアで大切な人と一緒にドライブなんてしたら、会話も盛り上がる事間違いなしですよ。

最高の乗り心地、操縦安定性の確保

大空間高級サルーンとして、まるでそこに住めるかのような居住空間を実現させたヴェルファイアですが、更に走行時の操縦の安定性も確保する事を実現させています。

友人E
実際に乗ってみると全く揺れを感じないし、本当に走っているのかと思うような感覚になるんだよ!!
ディーラー
試乗予約も公式サイトからお近くの店舗を検索出来ますので是非ご覧になってみて下さい。

選べる2つのモードでシーンに合わせたドライブが可能

TOYOTA公式サイト

通常走行にプラスして、シーンに合わせたモードを選べるシステムを採用しています。

[EVドライブモード]
モーターのみで静かに走行。深夜のエンジン音が気になるときなどに便利です。
[エコドライブモード]
アクセル操作に対する駆動力を穏やかにし、燃費のさらなる向上に貢献します。

TOYOTA公式サイト

友人C
夜中の運転には静かな走りをしてくれるEVモードが住宅内では良さそうだね!!
友人B
遠出をする際の燃費向上を助けてくれるエコドライブモードも使う場面が多いかも♪

目的に合わせてヴェルファイアの上質で高級感溢れる走りを楽しみましょう。

ヴェルファイアの進化②安全性能編

TOYOTA公式サイト

今度は安全性能を見ていきましょう。

ミリ波レーダーに単眼カメラを携え、併用された検知センサーで車だけではなく、歩行者や自転車の認識も可能になりました。

これの総称を【Toyota Safety Sense】と呼びます。

ミリ波レーダー TOYOTA公式サイト
単眼カメラ TOYOTA公式サイト

“ぶつからない”をサポート支援

TOYOTA公式サイト

死角からの横断者や、夜間の歩行者、そしてもちろん車両に対しても検知を行います。

警報ブザーと、ディスプレイにて衝突の可能性を知らせてくれます。

ブレーキを踏んだ時の力をアシストしてくれるのも、事故低減を思っての配慮と言えるでしょう。

自動(被害軽減)ブレーキとは
自車の速度が10~80km/hの間で作動し、衝突の回避、または軽減を行います。
あや(妻)
スゴ~イ!!こんな車なら安心して運転出来るんじゃないかな??早く免許が欲しくなってきちゃった♪
クルマ先生
確かに優れた機能である事に違いはありませんが、過信は禁物ですよ!!全てが万能ではなく、上手く作動しない場面や可能性がある事もお忘れなく!!

カーブや起伏のある坂道、急な割込み等には正常に作動しない可能性もあります。

あくまでも【サポート】する機能であって、運転するのは自分自身です。

自分本位な運転はせず、思いやりと『事故を起こさない』といった心構えを持って運転しましょうね。

しんじ
安全第一!!!

ヴェルファイアの進化③室内編

高級感で溢れる室内にはシートアレンジも豊富で、乗り手に満足感と優越感を与える仕様になりました。

乗車人数や目的、シーンに合わせてアレンジも自在に行う事が出来ます。

いくら室内環境に優れているヴェルファイアと言っても、長時間の乗車は

『ドライバーはもちろん、同乗者も疲れてしまうのではないか??』

との声が聞こえてきそうですが、そんな声に応えてか助手席のシートスライド量なんと【1,160mm】となっています。

TOYOTA公式サイト
あや(妻)
助手席とは思えない広さね(汗)

助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域を、同一レール上にシートを設置することでゆったり、そして、くつろげる空間が広がりました。

TOYOTA公式サイト

上からの画像を見ると同一線上にレールが配置されているのが良く分かりますね。

可動域が増えるという事はゆったり出来るのはもちろんの事、乗り降りのしやすさに加え、荷物を多く積む事も可能になるという事です。

長時間の運転になる場合では、旅行やアウトドアなどが考えられますが、これだけのシートアレンジが可能であれば、大量の荷物を積む際にも安心して出掛ける事が出来ますよね。

多彩なシートアレンジを活用したヴェルファイアの様子もご紹介しますね。

あや(妻)
ちょっとふざけた感じのする動画だけど、面白かったから良し(笑)

後席の乗り降りを更に快適に

TOYOTA公式サイト

乗降口のステップを幅広くし、低い位置にする事で乗車時に起こりえるつまづきを低下させる事が出来るようになりました。

スライドドアの開口幅も780mmと拡大し、アシストグリップも大型化することで、さまざまな体格の方が乗り降りしやすいようになっています。

あや(妻)
いずれしんさんが太ってきてもこれなら安心かな♪
しんじ
(どの口が言うんだか…。)

色々な状況の方を乗せた場合のイメージをも持たせてくれるヴェルファイアは、正に上質で高級感がある1台といえます。

クルマ先生
他にも、福祉車両にはこんなシステムが採用されている物もあります!!

電動スライドダウンで座ったまま車の外へ

TOYOTA公式サイト

こちらは7人乗りのセカンドシート、ウェルキャブ(福祉車両)左席の様子です。

乗り降りしやすい高さまでシートが下降し、サポートしてくれます。

しんじ
こっ!これはっ!!!!!
あや(妻)
しんさん遊びで使おうとしてるでしょ!?これって足腰の不自由な人の為のサポートシステムでしょ!!
しんじ
じょ、冗談だって(汗)決して面白そうなんて思ってないよ!!!!!いやぁ、こんな所にも心配りが出来るヴェルファイアは最高だなぁ!!!(大汗)

女性に嬉しい全方位UVカットガラス

TOYOTA公式サイト

女性には天敵にあたる紫外線ですが、全方位99%UVカットにしてくれるガラスを使っています。

女性も優しくエスコートしてくれる紳士的な配慮が伺えます。

あや(妻)
助手席に乗っていても、日差しが強い夏場は手だけ焼けちゃう事ってあったもんなぁ。あれって凹むんだよね…。
しんじ
紳士的代表しんじが、紳士的なヴェルファイアで守ってみせるよ!!!
あや(妻)
しんさんが紳士的な訳ではないからね(ニッコリ)

女性に嬉しいのはUVカットだけではなく他にも

  • 足腰の冷え対策に快適温熱シート
  • 車の中でエステ気分を味わえるナノイーの利用可能

ドライバーには

  • 冬場の運転のし始めに起こるハンドルの冷えを防止するステアリングヒーターを搭載

他にもたくさんの便利と快適さが詰まっています。居住空間に恥じない仕上がりには驚きを隠せません。

グレードによっては標準装備ではないので注意が必要ですが、見てみるだけでも夢が広がりますよ。

エンブレムに込められた意味と想い

良く目にする現在のトヨタマークは、1989年10月に会社創立50周年を記念して発表されたものになります。

開発にあたり特に重視したポイントが遠くからでもトヨタの車だと分かる強い個性と、より一層輝いて見えるようにする事だったそうです。

5年という時間を費やし、今のエンブレムが完成したそうですが、その時間を鑑みるとスタッフの熱い思いを感じとる事が出来ます。

TOYOTA企業サイト

マーク内部の楕円の組み合わせでトヨタの【T】を表現すると共に、車のステアリングホイールをイメージする事が出来ます。正に自動車そのものですね。

また、この楕円の重なりの中心点はユーザー(お客様)とメーカー(トヨタ)を表していて、これを1つに囲む事で、トヨタはお客様との心の繋がった世界を目指し、表現しているようですよ。

同じ想いを持った人同士の心を繋ぐ世界…。なんてロマンがあるんでしょう。

ユーザーとメーカーの枠を飛び越えた、家族の絆にも近いものを私個人は感じる事が出来ました。

デザインを重視して作成しながら、その裏にはステキな想いが隠されているんですね。

ディーラー
トヨタは以前、社長の豊田氏の名前に由来し【トヨダ】となっていた過去もあります。
TOYOTA企業サイト

エンブレムも今の物に比べると名前を全面に押し出した表現になっていました。

ディーラー
しかしこの変更の裏側には日本人ならではの拘りや想いが隠されていたんですよ!!

トヨタへの変更の理由として以下のものが挙げられています。

  • 濁音がなく響きが爽やかである
  • 日本語でトヨタと書いた時に縁起の良い画数、8画であった為

また、創業者の【トヨダ】から離れる事で個人の会社から、社会的企業へと発展していくんだ、という気持ちの表れでもあったのではないかと思います。

しんじ
知れば知るほど、会社やそこで働いているスタッフの熱い気持ちが伝わってくるね!!やっぱり物事に対する上での意味って大事だよね!!

まとめ

  • ヴェルファイアには【クールな情熱】を持つ車の意味がある
  • ヴェルファイアの歴史は2008年から始まり、進化を遂げ、現在に至る
  • 走行性能は更に向上し、より乗り心地の良い車内になった
  • 事故低減を思わせるサポート機能の採用が見受けられる
  • 室内は大空間サルーンにより住み心地の良い環境が実現
  • 男性だけでなく、女性目線も取り入れたレディファーストな1台
  • トヨタのエンブレムにはお客様とメーカーの深い繋がりを思わせるデザインと、意味が込められている

ヴェルファイアの歴史から始まり、現在までの進化をご紹介させて頂きましたが、その名が持つ意味を背負って走っているのが目に浮かびます。

ただ、かっこいいだけではありません。その秘めたる情熱は乗り手に対しての走りやすさ・安全性能・室内空間に隠されていたと言っても間違いありません。

見た目とは裏腹に絶対に守るんだ、と言う強い意志を感じさせてくれるヴェルファイアから今後も目が離せません。

愛車を売るなら絶対に買取業者で一括査定です!

ディーラーの下取りと比べると数十万円の差額が出る場合もあるんです。

新車購入を検討している方、今からでも遅くはありません!

無料で一括査定してくれるので検討してみてください♪

複数の買取業者とのやりとりがめんどくさい人にはこちらもおすすめです。

新車値引きについてもっと知りたい方はこちら!

【相場限界を超える・新車の値引き手法】トラブルあり?一括査定

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です