アウトドア好き必見!プリウスで車中泊を100倍楽しむ方法

こんにちは!あやです。暖かくなってくるとアウトドアなど外にお出かけする機会も多くなってきますよね。


私も今度のお休みに旅行に行きたくて、ホテルや新幹線の予約を取ろうとしたんですが、どこも予約でいっぱいでした・・・

そんな時にふと目にしたのが車中泊をする方法。
これなら移動も寝るのも車なので、予約を取るのに苦労することもありませんよね。


今回は思い切ってプリウスでの車中泊にチャレンジしたんですが、すっごく快適に旅行を楽しめました。

プリウスで車中泊って可能なの?

そもそもプリウスって軽車両なので、どうしても車内の広さが気になっちゃいます。

あや(妻)
せっかくの家族旅行だし、運転してもらうのはしんさんだから、夜はゆっくりと休んで楽しんでほしいなぁ・・・

なので早速、プリウスの室内サイズを調べてみました。

項目 サイズ(単位:mm)
室内長 2,110
室内幅 1,490
室内高 1,195

キャンプなどと比べれば、テントやテーブルとかの大きな荷物が不要な分、スペースをより広く使うことは出来ます。

ただ、旅行前に後部座席を倒してフルフラットにして試してみたんですが、私より背が高いしんさん(夫)は室内でゆっくり横になることができなかったんです。


そこで夫思いの私は、少しでも快適に過ごせるように色々調べてみました!

気になるのは、室内の広さもそうですが、他にも気になるのはフラットにする際にできる段差や隙間です。

ここを埋めることで少しでも快適に過ごすことが出来ます。

なんとベニヤ板を使う方法があったんです。

使い方ですが、後部座席をフルフラットにして、スライドさせた運転席や助手席との隙間に橋渡しをするように置くだけ。

そうすることで凹凸がなくなって快適に過ごすことが出来ます。

実際に試してみたのですが、夫でもゆっくり休めちゃいました。

しゅんちゃん(3歳)
さすがママでちゅ~♪
あや(妻)
でしょ~?
しんじ
べニヤ板を用意したのは俺だけどね

格安で手軽に誰でもできるので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

プリウスで車中泊をするメリット①【燃費がいい】

プリウスに比べて、ワゴンやキャンピングカーなど、車中泊向きの車は色々あります。

ただ、プリウスの一番のメリットは何といっても軽車両ならではの燃費の良さ!

燃費がいいからガソリンスタンドが近くになくても安心ですし、何より他のところにもお金を使えちゃうのはうれしいですよね。

今回の旅行では、そこまで節約を意識してはいなかったんですが、それでも家計を預かる身としては出費はやっぱり気になっていました。

あや(妻)
ついつい出費は気になってしまう。。

でも、プリウスの燃費の良さのおかげで、私も夕ご飯をちょっぴり贅沢にして、より旅行を楽しむことができちゃいました。

しゅんちゃん(3歳)
僕もいっぱいお菓子が買ってもらえて嬉しかった~!
しんじ
節約も大事だけど、思い出はもっと大事だね

プリウスで車中泊をするメリット②【家庭用電源がある】

新しいプリウスだと、家庭用と同じコンセントが2つもあるんです。

『アウトドアなんだから自然を楽しみなさい』なんて子供には言いますが、やっぱり今はパソコンとかスマホとか電気の需要って結構ありますよね。

そんな時でもプリウスなら安心して充電出来ちゃいます。
私もたくさんスマホで写真を撮って、ついついラインでたくさんの友達に送っちゃいました。

その分お土産を買わなくちゃいけなくなったのは失敗だったかなぁ・・・

しんじ
そういえば帰りの荷物、かなり重くなってた気が。。
あや(妻)
お、お土産を買うもの旅行の楽しみの一つだし、人付き合いは大事よね。

プリウスで車中泊をするデメリット【室内に段差がある】

プリウスは車中泊を目的に作られているわけではないので、フルフラットにしても、背もたれと座る部分の間など、段差が所々にあります。

クッションやマットなどを活用して、できるだけ平面な状態に近づけましょう。

あや(妻)
ゆっくり寝れるのも、旅行の大切なポイントだものね

車中泊のオススメグッズ①【マット】

今回フルフラットでスペースを確保したんですが、意外とフルフラットにしてもデコボコって気になっちゃうんです。

そんな時のためにマットを用意しました。

これを使ったおかげで、しっかりと眠ることができたので、旅行もより楽しめました。

車中泊のオススメグッズ②【シェード】

車中泊をしていると、外から丸見えになってしまいます。
イケないことをしているわけじゃないんですけど、どうしても気になっちゃいますよね。
そんな時にはカーテンシェードを使いましょう。
光を防ぐので夜もしっかり眠れますし、防犯のためにも役立ちました。

車中泊のオススメグッズ③【ランプ】

ふと夜起きて、探し物をしたり少しお手洗いに行きたくなったり・・・
当然周りは暗くて手探りだとなかなか不便ですし、携帯のランプでも少し心もとないんです。


そんな時にはLEDのランプを用意しましょう。
明かり確保だけでなく、雰囲気もぐっとキャンプっぽくなって素敵でしたよ。

まとめ

  • プリウスは少し狭いけど、ひと手間かければ快適な車中泊になる
  • プリウスは燃費が良くておすすめ
  • プリウスはコンセントが二つもあり、家庭用電源が使える
  • 車内のデコボコはクッションやマットで解消を
  • 車中泊はマットやシェードなど、グッズを用意することでより快適になる

今回プリウスで車中泊をしてみたんですが、少し工夫をするだけですっごく楽しめました。
色々グッズも充実してますし、それを調べるだけでもワクワクが倍増しました。
まだまだ行ったことのない場所もいっぱいあるので、またみんなを誘って行ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です