軽自動車で車中泊!!アウトドアや車旅でオススメ軽自動車7選

こんにちは、しんじです。 

軽自動車での車中泊はせまくて寝心地が悪いと思っていませんか?私も以前はそう思っていましたが実は、軽自動車にも車中泊に適した車種がたくさんあるんです。それではアウトドア車旅におすすめの7車種紹介します。

車中泊で快適なアウトドア、車旅

ホテルや旅館をとってしまうと、場所と時間に制約ができて行きたかった場所にいけないことってありますよね。

あや(妻)
ホテルとかに泊まるとどうしてもそこ中心で動かないといけないもんね
しんじ
そうだね、子供もいるし頻繁に旅行にいけるわけじゃないから最大限たのしみたいもんね

かといって車中泊はちょっと・・・と思われるかもしれませんが、そういったニーズに合わせて各メーカーが、快適に車中泊ができる軽自動車を発売しています。

今回は、大型ワンボックスなどにくらべ価格、維持費が安く、普段使いもしやすい軽自動車にフォーカスして紹介します。

軽自動車で車中泊するメリット

日本の新車販売台数のなんと約40パーセントを軽自動車が占めています。なぜ多くの人が軽自動車を選ぶのでしょうか?

税の面でみて軽自動車は優遇されていて、たとえば 自動車税は軽だと年間10,800円で、普通車の場合は最安値でも年間29,500円とおよそ2万円近い差があります。ほかにも自動車重量税や自動車取得税でも同様に軽自動車が優遇されています。

さらに車体も小さく狭い道路でも小回りがきくため運転しやすく、また駐車スペースをそれほど取らないこともメリットになります。

しんじ
毎年の出費と考えると2万円はおおきいな
あや(妻)
私は運転があまり上手くないから小さく小回りが利くのがありがたいわ

しんじ
あやちゃんは、その前に運転免許が必要だよね・・・

それでいて燃費がいい、そもそも軽自動車とは排気量が660cc以下というのが一つの条件としてあります。なので大型車にはパワーでおとりますが、燃費の面では有利なんです。

以上のようなことを含めて総合的に判断すれば、軽自動車での車中泊のメリットは一目瞭然です。

軽自動車で車中泊するための重要ポイント

ウェイクのフルフラットモード,ダイハツ公式サイト

今回の車種の共通ポイントはフルフラットつまり快適な睡眠をとるために室内空間を最大限活用できる軽自動車の中から紹介していきます。

しんじ
フルフラットでも若干の凸凹とかはあるからマットとかクッションがあれば、より快適だね
あや(妻)
車種によってはメーカーが純正アクセサリーとして販売してるから、購入前に確認してもいいかもね

おすすめ軽自動車7選

ジムニー(スズキ)

スズキ公式サイト

そのかわいらしい見た目とは裏腹に4WDの本格アウトドア車であるジムニー。公式のカスタムアクセサリーがかなり豊富に揃えられており、より自分好みにカスタムできる点も魅力の1つ。

しんじ
軽自動車で本格的なアウトドアがしたいならジムニーが最有力だね
あや(妻)
北海道でよくジムニーみかけるのも走破性が高いからなんだろうね

2018年には20年ぶりのフルモデルチェンジをはたしており、以前の走破性・機動性はそのままに燃費や乗り心地が向上しています。モデルチェンジ直後は納車まで1年待ち以上となるほどの人気に。ただ最近は生産体制の見直しもあり少し落ち着きつつあるようです。

参考価格(円) 1,744,200~1,841,400
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1725
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 1795×1300×1200
車体重量(kg) 1030~1040
燃費(km/L) 13,2~16,2
駆動方式 パートタイム4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル,グレードにより異なる場合がございます。

 

ハスラー(スズキ)

スズキ公式サイト

2015年カーオブザイヤー受賞したハスラーの特徴は、かわいらしいフェイスと豊富なカラーバリエーションによるデザイン性の高い車種。同社のジムニーとおなじく公式カスタムアクセサリーが豊富にあり、より自分好みにカスタマイズすることができます。

しんじ
遊べる軽っていうキャッチコピー通りカーテンとかタープキットとかアウトドア向きの純正アクセサリーが豊富にあるね
あや(妻)
それでいておしゃれで、燃費性能もいいっていうのが素敵だわ

また、前後左右4箇所にカメラがあるため、せまい場所の駐車が苦手な方の補助も行ってくれます。さらに使い方にあわせたシートアレンジが可能で長物の収容も楽々です。

燃費もよく4WDタイプもあるので、アウトドアとタウンユースどちらにも適しています。

参考価格(円) 1,578,960~1,748,520
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1665
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 2035×1295×1250
車体重量(kg) 750~850
燃費(km/L) 24,2~26,6
駆動方式 2WD ・4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル, グレードにより異なる場合がございます。

 

アトレーワゴン(ダイハツ)

ダイハツ公式サイト

豊富な公式カスタムアクセサリーがあり、ラゲージルーム(後方荷室)の床面とリヤシートの背面へお防水・防汚処理が施されているため水場へのさらに自由度の高いシートアレンジなど、質の高い車種となっています。こちらはダイハツが開発した「スマートアシストⅢ」が搭載され安全性を重視した車種となっています。

参考価格(円) 1,533,600~1,814,400
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1875
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 2020×1310×1350
車体重量(kg) 1000~1100 
燃費(km/L) 15,2
駆動方式 2WD ・4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル,グレードにより異なる場合がございます。

 

ウェイク(ダイハツ)

ダイハツ公式サイト

車の背がたかくミニバン並みの高いアイポイントのため、ドライバーの死角を減らし余裕のある運転ができます。シートをフラットにすると自転車までつめるほどの積載性があります。

シート表皮やラゲージルーム(後部荷室)が撥水性の素材なので、海や川へのお出かけの際、ぬれた荷物なども気にせずのせられます。4WDモデルも販売されているのでアウトドア好きの方にもおすすめです。

あや(妻)
最近、急な雨が多いし濡れた荷物をそのままのせられるのは、うれしい
しんじ
子供の飛び出しとかで、ヒヤっとすることがあるから、死角が少ないのはすごく助かるね

参考価格(円) 1,350,000~1,841,000
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1835 
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 2215×1345×1455
車体重量(kg) 990~1060
燃費(km/L) 23,2~25,4
駆動方式 2WD ・4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル,グレードにより異なる場合がございます。

 

ピクシスメガ(トヨタ)

トヨタ公式サイト

トヨタのピクシスメガには「スマートアシストⅢ」が搭載されており、周囲を認識しドライバーへの警告や、さらに危険がせまると緊急ブレーキを自動でかけてくれます。またソナーセンサーと小型ステレオカメラで、歩行者へのブレーキも可能となる衝突回避支援ブレーキ機能も搭載しているなど非常に安全性の高い車種となっています。

あや(妻)
なんかダイハツのウェイクと似たようなスペックじゃない?
しんじ
そうなんだよ、実はこの車、ベース車種はウェイクで製造はダイハツが担当してるんだ。だからエンブレムは違うけどスペックや内装はほとんど同じなんだよ。ダイハツはトヨタの子会社だからOEMってやつだね。
参考価格(円) 1,350,000~1,841,000
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1835
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 2215×1345×1455
車体重量(kg) 990~1060
燃費(km/L) 23,2~25,4
駆動方式 2WD ・4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル,グレードにより異なる場合がございます。

 

クリッパーリオ(日産)

日産公式サイト

2015年のフルモデルチェンジで最新の「エマージェンシーブレーキ」自動ブレーキ機能、踏み間違い防止機能などが搭載され、さらにエンジンの改良や室内空間の拡張など、より高性能に進化をはたした。こちらの車種も多彩なシートアレンジでさまざまな用途に対応が可能になっています。

参考価格(円) 1,605,000~1,821,000
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1815
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 2240×1355×1315
車体重量(kg) 990~1060
燃費(km/L) 14,6~16,2
駆動方式 2WD ・4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル,グレードにより異なる場合がございます。

 

N-BOX(ホンダ)

ホンダ公式サイト

2017年にフルモデルチェンジ、同年と2018年の新車販売台数1位を獲得したホンダのN-BOXは、軽自動車では最大級の室内空間を持っています。先進の安全運転支援システムである「HONDA SENSING」を標準搭載しており、カメラとレーダーで衝突回避や誤発進の防止補助を行ってくれます。

しんじ
販売台数1位なだけあって燃費、安全性、室内空間とかすべてが高水準にまとまっているね
あや(妻)
タイプやグレードが細かくわかれているから、自分たちの生活スタイルにあったものを選べるのもいいね。
ほかにも車線検知機能や適切な車間距離の維持を補助する機能など、非常に安全性能の高い車種となっています。

参考価格(円) 1,385,000~2,274,000
車体寸法(全長×全幅×全高)mm 3395×1475×1790
室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 2240×1350×1400
車体重量(kg) 890~1020
燃費(km/L) 23,0~27,0
駆動方式 2WD ・4WD

*主要諸元表より作成

*上記数値はモデル,グレードにより異なる場合がございます。

 

アウトドアや車中泊に必須のマットをご紹介

いくらスペースを確保できたとしても、そのままでは段差や凹みがありますし、シートを倒しただけなのでクッション性も皆無。これでは快適な車中泊とは言えませんよね。

そこで必要になってくるのがマットです。検索すると様々なメーカーから出ていて、どれがいいのか迷ってしまいます。というわけでお手頃でかつ高機能なマットをいくつかピックアップしました。

なお今回、ご紹介するマットは軽自動車の室内空間をフルで使えるように、連結可能で幅60~65㎝の物を選んでいます。

おおすすめポイント

  1. 空気入れ不要のマットで、バルブを開くだけで膨らむ。
  2. マット同士を簡単に連結できるため、車の大きさに合わせやすい。
  3. 汚れがふき取りやすい生地のため手入れが楽。
しんじ
荷物は少ないほうがいいから、空気入れ不要で、使用しないとき空気をぬいてコンパクトにできるのがいいね
あや(妻)
ボタンでとめるだけで連結できるから、車に合わせて使える点もいいね

上記写真のマットはSサイズの2枚セットですが、ほかにも90×195cmのMサイズと120×195cmのLサイズがあります。厚さは10cmと5cmがあります。

おすすめポイント

  1. 空気入れ不要でバルブを開くだけの自動御膨張式
  2. 裏地に滑り止めがついており、ずれにくい
  3. マット同士の連結が可能のため、車の大きさに合わせられる。
しんじ
幅64,5cmの二枚組だから軽自動車でも使いやすいね
あや(妻)
普通車用のマットとかも多いから特に幅は注意したいね

上記マットは2枚セットで長さ186cmで幅は64,5cm、厚さ8cmとなっています。もちろん使用しないときはコンパクト収納が可能です。

おすすめポイント

  1. 空気入れ不要のバルブを開くだけで自動膨張
  2. 簡単に連結が可能で、連結部がフラットになる設計
  3. お好みの硬さに調整できる
しんじ
厚さが10cmもあるから車体の冷気が伝わりにくい点もいいね
あや(妻)
硬すぎると寝苦しいから調整できるのもうれしいね

上記マットは長さ190cmの幅65cm、厚さ10cmとなっております。

軽自動車で車中泊でしたらこういう記事もあります。

アウトドアするならウェイクで車中泊!日々の疲れを吹き飛ばせ!

2019年3月20日

アウトドアには軽自動車ハスラーで遊びに出かけよう!車中泊も可能!

2019年4月7日

アウトドアは車中泊で決まり!快適間違いなしのおすすめ車種【6選】

2019年3月22日

まとめ

  • 車中泊で時間や場所にしばられない快適なアウトドアを
  • 軽自動車を選ぶことには大きなメリットがある
  • 車中泊のための重要ポイントはフルフラット
  • 快適な車中泊ができるオススメ車種7選紹介
  • 自分にあったマットで快適な車中泊

今回あげた7つの車種は、すべてフルフラットが可能でゆったり車中泊ができます。ただどうしても細かな段差などはあるので、紹介したマットやクッションなどでより快適にすごせるよう自分なりのカスタマイズを楽しんで下さい。

皆さんのライフスタイルにあった車でよいカーライフを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です