プリウスユーザーが教える!車中泊でお得な旅行をしてみよう

んにちはしんじです。

わたしは旅行が好きなのですが、どうしても気になるのが出費です。旅行先のホテルの予約、交通費、食費等、何かとお金がかかることがいっぱいですよね。

そこで、今回は高速道路を利用したお財布にも優しい得する旅行の仕方を紹介します。ちなみに今回紹介するのはプリウス車中泊です。

高速道路での車中泊をおススメする理由

まずは車中泊を行うと高速道路の料金を抑えられるという話をしましょう。

わたしは長期連休になるとよく県外まで車で出かけて観光することがあります。現地までのルートや現地で何を楽しむかをある程度リサーチしてから深夜に家を出るのです。

みなさんは「深夜割引」という言葉はご存知でしょうか?0時~4時までの間に高速道路を利用していると、高速道路の料金が30%も割引される制度です。

0時前に高速道路に入り0時過ぎに高速道路を降りても30%割引が適用されますし、4時前に高速道路に入って4時過ぎに降りても適用されます。(ただしETC利用に限る)

勘のよい人なら気づいたかもしれませんが、0時~4時の間に高速に入ってサービスエリアで車中泊を行うだけで、高速道路の料金が抑えられます。

深夜の高速道路は人が少ない為、渋滞が発生しにくいのでストレスなく運転することができますし、早朝に目的地に着くことが出来るため、混みやすい観光地も列に並ぶ心配がありません。

高速道路での車中泊のメリットは料金割引以外にもあります。

下道で車中泊をするとなると、コンビニの駐車場や有料駐車場になってしまいます。

コンビニの駐車場で車中泊を行うと、コンビニ利用者の駐車スペースを奪うことになるため営業妨害として通報されたり客とのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

有料駐車場で車中泊をしたら、コストを抑えるつもりが余計にかかってしまいますし、人気のないところでの車中泊は犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

ですが、サービスエリアには防犯カメラが設置されているところが多く、周りに人も多いため、いざとなればクラクションを鳴らして叫べば誰かしら助けてくれるメリットもあります。

このような理由から、わたしは車中泊するなら高速道路のサービスエリアで車中泊をすることを勧めます。

「でもいきなり車中泊ってハードルが高い」「どんな準備が必要だろう」と思う人もいるでしょう。

そこで実際にわたしが体験した車中泊の体験談(失敗談)と対策を紹介していきます。

車中泊に使用したプリウスについて

TOYOTA公式サイト

ハイブリッド車の王道、プリウス

プリウスは、1997年にTOYOTAが開発した世界初の量産型ハイブリッド車です。「人と地球にとって快適であること」をコンセプトに発売されました。

燃費は驚異の39km/L。エンジンの効率もさることながら、車体を流線形に近くすることによって空気抵抗を減らし、車体を最小限に軽くすることによって、走行性能に無駄がありません。

現在はモデルチェンジを経て4代目を迎え、世界中で販売され、今だ売り上げ台数上位を譲りません。

しんじ
プリウスってすごい!
地球にも家族にもお財布にも優しいね
あや(妻)
これで浮いたお金で…♪
しんじ
やな予感…
しゅんちゃん(5歳)
僕のおもちゃ買ってくれましゅか?

ハイブリッド車とは

ハイブリッド車とは、ガソリンで動くエンジンと、電気モーターで動くエンジン2つの動力源を持つ車の事です。

走り出しの力がいるときは電気モーターで、スピードに乗って燃費が良くなるころにガソリンで動くよう設計されているため、非常に効率よくエネルギー分散をして走行します。

クルマ先生
ガソリンと電気に得意分野を分担させて走るので、日本のように狭い道路が多い所や渋滞が多い地域を走るのに向いています

 

ハイブリッド車についてはこんな記事もどうぞ。

N-BOXvsハイブリッドカー 総合力対決!その勝敗や如何に!?

2019年4月8日

アウトドアならヴォクシーが◎車中泊でステキな思い出作り♪

2019年4月14日

はじめてのプリウス車中泊での失敗談

友人に誘われてプリウスで車中泊したのは関西まで旅行に行った冬のことです。その日は雪は降ってなかったのですが、雨が降っており夜中は当然冷えました。

暖房をつけて毛布を羽織っておけば寒さは凌げるかな?程度に考えていましたが、車中泊はそんなに簡単ではなかったですね。

友人が運転するプリウスは後部座席を前に倒すと、トランクと座席の間がフラットになるのでそれを利用して寝るスペースを確保しようとしました。

しかし床は思った以上に硬く、とてもリラックスできる状態ではありませんでした。

さらに、車には窓が多いしボディに断熱材を積んでいるわけでは無いので身体はとても冷えますし、サービスエリアって山間部に造られたものが多く、標高も少し高いので余計冷えてしまうんですよ。

しんじ
床が固い、気温が低い、周りがうるさいのフルコンボでした
あや(妻)
しんさんっ寝ちゃダメっ寝たら死んじゃうっ
しんじ
あやちゃん、ホントの山じゃないから

仕方がないので後部座席を起こして、座席に横になるように寝たのですが、雨音や外の車やバイクの音、子供の声で寝付くことが出来ませんでした。

それに車中泊と言うことで、「周りから見られてるのではないか」「襲われたらどうしよう」と不安になった事も安眠出来なかった要因です。

疲れが溜まった状態だと休憩が多くなってしまい、せっかくの旅行でしたがあまり楽しめませんでした。

2度目のプリウスで車中泊!どんな対策を?

同じ友人と、次に車中泊をしたのは去年の夏場です。前回の失敗から色々と準備を済ませ、また関西へ旅行に行きました。

前回同様に後部座席を倒し、その上にニトリやカインズに売っている安い羽毛の入ったマットを敷いて寝ることにしました。

前回よりだいぶマシにはなりましたが、まだ少し硬さを感じるので、気になる人は高反発のマットを使うか、下にダンボールを敷くと楽になりますね。

因みに車中泊専用マットも購入できますよ。

サンシェードも持っておくと防犯に役立ちますし、車内の温度を保ちやすくするのでお勧めです。

この時は夏ということで、気温は暖かく対策は取りませんでしたが、寒い場合は布団を持ち込んだ上で厚着をすると快適です。

ただ虫は多かったので虫よけ用のスプレーをするとある程度はしのげます。

因みにこんな車用の虫よけもありますよ。

さらに前回気になったのは周りからの視線や声です。

これはサービスエリアの売店や自販機、トイレから遠い位置に車を停めたため、たまに通る爆音のバイクや車ぐらいしか気になりませんでした。

それでも視線が気になる人は車用のカーテンやサンシェードを使うとより安心するのではないでしょうか。

このような対策を行った結果、わたしは疲れやストレスを溜めることなく快適な旅行を行うことが出来ました。

ちなみに雨が降ってきた場合、耳栓が必要かな?と思っていましたが、1時間ぐらいで慣れてきたのか快眠することが出来ました。(雨の音はリラックス効果があるとよく言われるからでしょうか?)

しんじ
車中泊は宿泊費を抑えるだけでなく、安心して身体を休め、安全な運転ができるようにしなきゃね!
あや(妻)
ホントにホントに気を付けてね

車中泊をするにあたっての注意

車中泊をするにあたり注意しなくてはならない点があります。

無駄なトラブルは避け安全に目的地を目指しましょう。

周りの人の迷惑になる行動はしないこと

サービスエリアを使用する人の中には、休憩するために寄る人も当然います。

迷惑にならないように音楽は小さい音量で流す、車内を無駄に明るくしない等周りに配慮した行動をとりましょう。

空ぶかしや火を使った料理なんて御法度です。

しんじ
持ち込みごみの廃棄もマナー違反なのでやめましょう

車中泊ができる場所か確認しておこう

サービスエリアでは見たことがないのですが、道の駅ではよく車中泊禁止の張り紙や看板が設置されています。

そのような掲示があるところでは絶対に車中泊はしないでください。周りを散策して車中泊が可能な場所かを確認しましょう。

身の安全をしっかり守る

車中泊中は身の安全をしっかりと守らなくてはなりません。

窓はしっかりしまっているか、カギは掛けたか、貴重品は座席の下に隠したか、すぐに外に出られる準備はできているかを確認してください。

家で寝るのとは違い、屋外の車の中なので防犯対策はちゃんとしておきましょう。何かあった時のために防犯ブザーを持っておくのも大切です。

エンジンは切っておこう

冷房や暖房をつけたまま寝ると車内に一酸化炭素が溜まり一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあります。

また車の後ろに障害物があったり、吹雪で車の周りに雪が積もってきた場合、車から出た一酸化炭素が車の周囲に滞留してしまい車内に入ってくる恐れがあります。

一酸化炭素中毒を防ぐためにもエンジンは切った状態で車中泊を行いましょう。

しんじ
自分の車のエンジンが切ってあっても、周りの車の一酸化炭素が車内に入ってくる事もあるから気をつけなきゃ!

 

車中泊の記事に関してはこんな記事もどうぞ。

アウトドア好き必見!プリウスで車中泊を100倍楽しむ方法

2019年3月29日

スイフト好き必見!アウトドアならスイフトで車中泊をしよう!

2019年3月26日

アウトドアにエブリイワゴンが最適過ぎる【車中泊が100倍快適に】

2019年4月20日

まとめ

  • 夜中にサービスエリアで車中泊することで深夜割引を適用できる
  • 快適な睡眠をとれるようマットや毛布などを車に積んでおこう
  • 夏は虫よけスプレーを使ったり、窓を閉め切って虫を防ごう
  • 一酸化炭素中毒の対策に換気、エンジンを切ってから睡眠を摂ろう
  • トイレや売店から少し離れた位置で車中泊することで騒音を減らそう
  • マナーを守りお互いに配慮した車中泊を心がけよう

車中泊は出費を抑えたり、身体を休めるのにとても役立ちます。ですが、身の安全を自衛できないと犯罪や事件に巻き込まれることも理解しましょう。

自分の身は自分で守り、「危険を感じたらすぐに周りの人や警察に助けてもらう」を徹底しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です