アルファードで車中泊が出来る!?簡単で贅沢なんて本当なのか?

皆さん、こんにちは!しんじです。

世のお父さん、毎日のお仕事お疲れ様です。ママさんたちも子育てに家事、その上、お仕事がある方も沢山見えますよね。

そんな忙しい方でもアルファードなら簡単に快適な車中泊が出来、手軽にアウトドアが出来ちゃうんです。アルファードの広い車内と充実した装備を一緒に確認してみましょう。

納得できたらアルファードで手軽に贅沢な時間を楽しんでリフレッシュしましょう。 

完成された装備のアルファードで簡単に車中泊

 

装備が充実しているアルファードなら行き先が決まればもう出発です。

何と言ってもカーテン、マット、毛布とランタンさえ積み込むだけでアウトドアへ行けちゃうんです。

いざ、アウトドアをしようと思うとホテルで泊まるときの何倍もの荷物を準備してその荷物たちをいかに車の中に押し込めるか、と奮闘したりしませんか。

友人C

私も毎年家族でキャンプに行ってたけど家族総出で荷物を押し込んだなあ。

友人B

それわかるかも。帰りなんて荷物がパンパンで後ろが見えなくなるよね。

ですが!そんなことにもアルファードを使った車中泊でしたら起こらないんです。たったマットレスと毛布とランタンを押し込むだけなんですよ。

それくらいアルファードの装備は既にとっても充実しているんです。

TOYOTA公式

実はこんなにも車内に装備が隠されているんですよ。とっても驚きですよね。正直数が数えられないくらいです。

私がおススメする車中泊で最適な装備はずばり3つございます。

  1. 携帯を充電出来る
  2. 座る席にそれぞれがペットボトル置ける
  3. 運転席、助手席にも携帯を収納出来る

携帯を充電できる

TOYOTA公式

日頃から携帯の充電器を持ち歩く方も結構みえますよね。そんな方が旅行の時に充電器を忘れた!なんてことが起こったらその旅行はもう終わったも同然!なんて思う方は多いのではないでしょうか。

でもアルファードでの車中泊の旅ではそんな心配もいりません。むしろ充電器は必要ないかもしれません。既にコンセントが付いていますよ。

座る席にそれぞれペットボトルを置ける

TOYOTA公式

これからの季節、熱くなって水分補給は必須ですよね。そんなはみんなそれぞれペットボトルのお茶をキープしておきたいものです。ただそのペットボトルが邪魔になることってありませんか。

でもアルファードではなりません。それぞれの座る近くにペットボトルを収納できるところがあるんです。なんとも嬉しい装備ですよね。

運転席、助手席にも携帯を収納出来る

TOYOTA公式

車中泊となるととても長い時間車の中にいることになります。もちろん運転中は触れないですが信号待ちで触りたくなったらいつでも近くに携帯を置いて置けるのですぐに触れます。

助手席の近くにだっておけるので取りたい風景があればすぐにとることが出来るんです。

そんな優れた収納がアルファードにはあるんです。

こんなに装備がしっかりしているんです。きっとみなさんも車中泊を挑戦してみたくなりますよ。

ちなみに車中泊初心者の方にはこんな記事字もありますよ!

アウトドア初心者必見!ステーションワゴンで楽しい車中泊を!

2019年4月22日

アウトドアを楽しむ鍵は車中泊!節約方法と車種別動画もあります!

2019年4月14日

初心者必見!案外快適!アウトドアをノアで満喫!車中泊を楽しもう!

2019年4月1日

アルファードの車中泊は簡単に就寝スペースを作れる

アルファードは簡単なシートアレンジで広い就寝スペースが作れるので車中泊にもってこいです!

ダブルサイズベッドの幅は1400mm、長さは1950mm。

一方、アルファードの最大荷室の幅は1490mm、奥行きで1945mm。(3列目シート格納、2列目シート座面チップアップ、一番前までスライド)
荷室を就寝スペースに利用すれば幅も長さもほぼダブルベッドサイズです。

幅もこれだけあれば寝返りが打てますね。子供は体温が高いので親子三人川の字で一晩眠るにはそれなりの幅がないと暑苦して熟睡できないものです。

長さもあるので足を伸ばして眠れますね。

トヨタ公式サイト

こんな感じで、シートを折り畳めちゃうんです。それもとっても簡単なんです。

ママでも作れる簡単さですが、ここは男二人でワイワイやりましょう。何と言っても基地作りは男子の憧れだからです。

アルファードで車中泊をすると贅沢感を得られる

アルファードの車中泊で得られるママの贅沢

いつもは大忙しなママにもアルファードでの車中泊では嬉しいことが満載なんです。高いお金を払ってホテルに泊まらなくても十分贅沢な気分を味わえちゃうんです。

では一緒に見ていきましょう。

贅沢な空間でリラックスする

それは自宅のリビングのリラックスををそのまま車で運ぶようです。アルファードのシートはゆったり広々しています。大型ヘッドレストのシートに包まれてオットマンに足元を支えられ、DVDを楽しむことができます。

ママは子供が寝静まるまで自分の時間が作れないものですよね。でも今日は移動中に後席ディスプレイでゆっくり迫力ある大画面でお好みの映像を楽しんでもらいます。

トヨタ公式

前席と後席で別々の音声を聞くことができるので気兼ねなく映像の世界にたっぷり浸ることも出来ます。

変わりゆく車窓の景色を楽しむ

お休みの日の昼下がりにリビングのソファに体を沈めて庭を眺める、ここではアームレストに持たれてゆったり足を伸ばして高い視点から車窓を眺める、これはまさしく動くリビングです。

日焼けが心配? 大丈夫! なんです。アルファードは窓ガラスは紫外線(UV)を約99%カットするガラスを使う気遣いまでされていますよ。

トヨタ公式サイト


ロングドライブでたっぷりと子供との時間を楽しむ

振動・騒音を抑える材料が使われているアルファードは室内がとても静かなのです。助手席にいても、後部座席で車窓に見入る子供の鼻歌が聞こえたり、感動を言葉にした時にはグッドタイミングで受け止めてあげられます。

ドライブしながらエステ気分

お家ではパック、アルファードではナノイーです。

後席には贅沢にも「皮脂となじんで肌をコーディングし、肌表面からの水分蒸散をが抑える」ナノイーの吹き出し口があって移動中もエステ気分。

トヨタ公式サイト
友人A

ドライブしながらエステ気分なんて素敵ね。

友人E

あれ、そういえば今日はいつもとなんか違うような、、。

友人A

あれ?そう?いつもと全く一緒だよ?

アルファードの車中泊で得られるパパの贅沢

お父さんの皆さん、1人でふらっとドライブしたいと思う時がありませんか?僕はあるんですが、なかなか一人でドライブする時間は作れませんね。

それがアルファードなら運転席は僕好みの音楽を流してドライブを満喫できるのです。アルファードのConnectナビは前席と後席で別々のAVソースを再生できる「後席個別再生」機能に対応しています。

妻がDVDを楽しむ後席と運転席は別の空間です。一人でドライブしているようなプライベートな空間が確保できます。後席の家族とは別々にお互いの好きな環境で移動中も快適です。


運転に集中させてくれるアシスタントがいる

初めての道路でうっかり標識を見落とすことはありませんか?

アルファードなら前方のカメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示するシステム、ロードサインアシストが装備されています。

安全運転の強い味方です。

例えば、はみ出し通行禁止を表示中に自車の追い越し操作を検出すると表示の点滅などで知らせてくれるのです。

オートマなのにマニュアル感覚で運転ができる

オートマは運転が楽な反面、物足りなさも感じませんか?

そんな方にはアルファードのシフト「M」ポジションを体験してください。マニュアル感覚のドライビングが楽しめます。


アルファードの車中泊で得られる子どもの贅沢

実は!アルファードの車中泊で贅沢出来るのは親だけじゃないいんですよ。愛するお子様だって贅沢させてあげれちゃうんです。そんなお子様への贅沢とは!?

子どもにとって自由度がかなり高い

公共の乗物での移動は他のお客さんの迷惑を考えると子供にはお行儀よくしてもらいたいものです。その点、家族だけの車での移動は自由度が断然アップします。

車中泊で人生の宝物を作る

子供は非日常の楽しい思い出は記憶に残るものです。皆さんにも思い当たることがあるでしょう?家族旅行で何を食べたか、まで覚えていませんか?

また「子供との思い出は人生の宝物」と子育てを終えた諸先輩方は言います。子供の成長の節目節目に幼かった頃が思い出されるそうです。

車中泊は子供が小さい時だからこそ楽しめるレジャーです。車中泊で家族の宝物を作りましょう。   

実は他にもいろんな車で車中泊は楽しむことが出来ちゃううんですよ。

アウトドアをヴォクシーでするなら初心者もOK!車中泊を楽しむ方法

2019年3月18日

アウトドアにエブリイワゴンが最適過ぎる【車中泊が100倍快適に】

2019年4月20日

アウトドアにセレナ!?10のおすすめと快適に過ごす車中泊のまとめ

2019年4月18日

アルファードの車中泊であると便利なもの

アルファードの車内空間は既にとっても快適で文句の付け所がありません。しかし、車中泊をする上で更に快適にしてくれるグッズがあるんです。

それはずばり!

  • カーテン
  • 毛布
  • マット
  • ランタン

です。それでは順番に見ていきましょう。

カーテン

簡単に車中泊に出掛けるにはカーテンはマストアイテムです。

いざ、寝ようと思うと車外は意外と明るいものです。カーテンを閉めると不思議と安心感が増すのです。安眠、プライバシー確保のために必須です。

トヨタ公式サイト

毛布

旅行中は急に寒くなったりでもエアコンをガンガン使ってはガソリンばかり消費してしまって燃費も下がります。

そんな時、毛布があると防寒対策にもなります。

また長時間の移動でお尻が痛くなる時でも毛布をお尻に敷けば簡単にクッション代わりになりますよ。

薄手の掛物は1枚掛けるとカーテン同様に安心感が増しますよ。

マット

適度な柔らかさの寝床を作れば朝までゆっくり眠れます。自動で空気を入れてくれる優れものマットがあります。こちらはバルブを開くだけで10㎝の厚さに膨らみます。手間なしですね。

ランタン

眠りにつくまでの時間は車内に灯りが必要です。こちらのランタンは4分割できるのでトイレへ行くときも各自が足元を照らせますよ。

車中泊をする際に最適な場所とは

自由度が高い車中泊ですが、車中泊をする場所はルールを守った上で選ぶべきでしょう。こちらは道の駅車中泊についての国土交通省の見解です。

質問

「道の駅」駐車場での車中泊は可能ですか?

回答

「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。

もちろん、「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。

国土交通省公式サイト

快適車中泊をするならオートキャンプ場

雲見オートキャンプ公式サイト

車中泊を楽しむ場所としてはオートキャンプ場やRVパークがありまね。

オートキャンプ場はトイレや入浴施設を併設していたり電源が確保できたり安心して利用できます。

何と!ごみ処理もお願いできるんです。大助かりですね。初心者でも女性でも最小の装備で気軽に出かけられるのが大きなメリットです。

甲斐駒ヶ岳温泉 尾白の湯キャンプ場 公式サイト

全国にはRVパークも増えています。調理ができない場所もありますので禁止事項を確認して場所選びをしましょう。日本RV協会ではRVパークを紹介しています。

まとめ

  • アルファードは装備が充実しているので簡単に車中泊に出掛けられる
  • アルファードの車中泊は簡単に就寝スペースを作れる
  • アルファードで車中泊をすると贅沢感を得られる
  • 宿泊場所を選べばより簡単に車中泊が楽しめる

家族旅行は子供に社会性を教える絶好の機会です。そんな絶好の機会をアルファードを使えば簡単に且贅沢に出来てしまうんです。

そして私たちの運転マナーを手本に子供たちが未来のグッドドライバーになってくれたら嬉しいですね。

長いお時間、お付き合いをありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です