今年はキャンピングカーに乗って子供と一緒に最高な思い出を!

新車購入時の原資になる愛車をディーラーで下取りしてもらってませんよね?それ、損するパターンです!!

愛車は一括査定することにより、ディーラーで下取りしてもらうよりもめちゃくちゃ高く売れます。

皆さんが新車購入時に損をしないように、実体験から得た新車購入時の値引きテクニックをまとめて紹介してみました↓

→【新車の驚愕値引き手法とは】相場限界を知ることと愛車の一括査定! 

こんにちは。しんじです。旅行に便利なキャンピングカー。でもキャンピングカーってどんな機能がついてるのか詳しくわからないですよね。車内で立てたり、キッチンがついていたりいろいろなキャンピングカーがあります。

大きさもトラック型や軽自動車まで様々合って何がいいか悩みますよね?そこで子供と楽しめるキャンピングカーについてまとめてみました。

キャンピングカーってどんなもの?

キャンピングカーって元々幌馬車(ほろばしゃ)だったってご存知ですか?7トンから8トンの荷物を運ぶために用いられ、本格的にキャンピングカーとして知られるようになったのは1910年頃です。

当時旅行に行くのは列車が多かったのですが、時間を気にせず自由度が高いことが評価され富裕層にとても人気だったそうです。

日本では画家の桐野江節雄氏が海外での修行を思い立ち車で生活できないかと考えだされて、1950年頃世に知れ渡っていきました。

あや(妻)
そんなに昔からあったんだね
しゅんちゃん(5歳)
しゅんちゃん馬車乗りた~い
しんじ
幌馬車は荷物を運ぶための馬車だからしゅんちゃんは乗れないよ

ファミリー向けキャンピングカーとは?

みなさんキャンプのご経験ありますか?準備や片付けが大変というイメージでですよね。しかしキャンプ人口は5年連続増加傾向って知ってました?

お子さんと様々な経験ができたら素晴らしい思い出として心に残っていくと思います。ここでは子供も楽しめるファミリー向けキャンピングカーをご紹介します。

キャンピングカー紹介①【キャブコン】

キャンピングカーといえばこの形を思い浮かべますよね。上のベッドは運転中は使用できませんが、就寝時は大人も子供も楽しめます。座席は就寝時倒してベッドにできるものもあります。

後ろに備え付けてあるリアベッドは座席を動かさなくても横になれるのと、キャブコンは普通の車に比べて断熱、防音に優れているので安心して過ごすことができます。

キャンプの時の荷物っていろんなものを積むので多くなりがちですよね?収納が多いので入りきらないという心配がなくなります。しかし最近は積み過ぎで事故が起きていますので過積載には十分ご注意ください。

普通免許で運転できるので免許証を取り直す必要もありません。そして高さがあるので車の中では立つこともできるので家にいる感覚で過ごすことができます。運転する際には高さ制限に注意しましょう。

キャンピングカー紹介②【バンコン】

バンコンはバンの車をキャンピングカー仕様にしたもののことです。キャブコンに比べると、高さはなく立てないですが十分ゆったり過ごせる作りになってます。

キャブコンよりは小さいですがキッチンがついているものもあるのでちょっとした洗い物や、果物をカットする等簡単な調理をすることができます。キャブコンは家のように過ごせますがバンコンは快適な車中泊として楽しめます。

バンの車を改装しているので見た目でキャンピングカーと分からないのが特徴です。普段からバンの車に乗っている方だったら操作はしやすく運転もスムーズです。

キャブコンでは高さ制限に注意と書きましたが、バンの車が通れるスペースなら通行できるのと普通の駐車場に止めることができるので、初心者でも安心して運転することができます。

キャブコンは荷物も多いし車体も大きいので運転する際スピードが出にくいのですが、バンコンはスピードが出やすいので坂道などのスピードが出にくい場所でも運転しやすいです。

キャンピングカー紹介③【軽キャン】

軽キャンは軽自動車をキャンピングカー仕様にしたもののことを言います。軽だと狭かったり荷物も乗らないんじゃないかと思いますが、工夫次第でコンパクトな車中泊ができちゃうんです。

例えば寝るときは、シートを倒してマットを敷いてだとその車の大きさのスペースしか作れませんよね?そこに二段ベッドを作ってしまえば上と下に寝るスペースができるので家族みんな足を延ばして寝ることができます。

中には小さいキッチンがついているものもあるので、ちょっとした調理に便利ですね。今は車につけれるテントもあるので室内は就寝用として使い、室外にとりつけたテントではお食事を楽しむスペースとして使用してもいいですね。

高さはないし広さもないですが、コンパクトなので運転はとてもしやすく駐車に困ることもないです。キャブコンを通り越した新しいキャンプの楽しみ方ができますね。

こちらにもキャンプ関連のおすすめ記事あります。

アウトドアで家族も大満足!フリードプラスで心地よい車中泊!

2019年4月9日

アウトドアを楽しむ鍵は車中泊!節約方法と車種別動画もあります!

2019年4月14日

アウトドア初心者必見!ステーションワゴンで楽しい車中泊を!

2019年4月22日

キャンピングカーを持つ親としての疑問

キャンプへ連れて行くのは何歳から?

両親共にキャンプが好きだと、子供が生まれたら一緒に楽しむのが夢という方多いと思います。でも親として何歳から連れてっていいのかな?といろいろ不安な面も多いと思います。ほとんどの方は赤ちゃんの頃にキャンピングカーを購入して、連れていく方が多いです。

キャンピングカーだとキッチンも完備していることが多いので、外出するときに熱湯を水筒に入れて持ち込まずにミルクを作ることができます。急なオムツ替えもベッドがついているので安心して替えてあげられますね。

あや(妻)
しゅんちゃんが赤ちゃんの頃外出が億劫だったな
しんじ
キッチンやベッド完備なら赤ちゃんのお世話がうんと楽になるね

キャンプに何歳まで付いてきてくれた?

思春期になると友達優先で親との外出になかなかついてきたがらなくなります。しかし小さいときからキャンピングカーが身近にあると大きくなっても一緒に楽しめる関係が出来上がります。仲良しの友達家族も一緒にキャンプするのは、子供にとっても親にとってもいい経験になりますよね。

あや(妻)
しゅんちゃんいつまで付いてきてくれるかな?
しゅんちゃん(5歳)
しゅんちゃんいつまでもママといく~
あや(妻)
(かわいい!)

キャンプって夏より冬がいい!?

キャンプといえば夏のイメージではないでしょうか?ここ最近は冬キャンプが人気になっており、寒さ対策グッズがよく売れています。冬の夜空って澄んでて子供と眺めるのに最高に綺麗です。キャンプファイヤーで暖まりながらみんなで楽しむのもいいですよね。

しゅんちゃん(5歳)
キャンプファイヤーって何?
しんじ
火を焚いて暖をとったりするんだよ
あや(妻)
学生の頃はキャンプファイヤーの周りで踊ったりして楽しかったな
しんじ
懐かしいね!

キャンピングカー乗り入れ可能なおすすめスポット

【千葉】清水公園キャンプ場

清水公園キャンプ場

口コミサイト1位の千葉県【清水公園】のご紹介です。キャンピングカー乗り入れ可能で、公園内にはバンガローがあります。フィールドアスレチックや季節の花・ポニー牧場・噴水迷路・マス釣りなど様々なアクティビティがあるので家族で十分楽しめます。

近くにコンビニやスーパーもあるのでちょっと足りないものがあればすぐ買いに行けて便利です。温泉も近くにあるのでキャンプで楽しんだ後はゆっくり入浴して疲れを癒すのもいいですね。周辺地図はこちらです。

【埼玉】長瀞オートキャンプ場

リバーサイド長瀞オートキャンプ場

こちらも口コミが多かったスポット埼玉【長瀞オートキャンプ場】のご紹介です。女子専用のパウダールームと授乳室があるので家族連れに最適です。ペットもOKでドックランもありワンちゃんも大喜びですね。グランピングやバンガローなど宿泊施設は40棟あるのでかなり充実しています。

近くにスーパー、コンビニ、温泉があるので何か足らないときや、温泉で一息つきたいときにおすすめです。周辺地図はこちらです。

【奈良】「きなりの郷」下北山スポーツ公園キャンプ場

きなりの郷 下北山スポーツ公園キャンプ場

口コミサイトで評価が高かった奈良【きなりの郷 下北山スポーツ公園キャンプ場】のご紹介です。コテージとキャンプサイトが楽しめる下北山スポーツ公園と池原ダムを見下ろすバンガローエリア平成の森と2つのエリアが楽しめるスポットです。アスレチックと公園もあり充実しています。

施設内には温泉も完備しているので、入浴施設を探さずにゆっくりと過ごすことができる素晴らしいキャンプ場です。周辺地図はこちらです。

【兵庫】天滝公園キャンプ場

天滝公園キャンプ場

口コミサイト人気兵庫【天滝公園キャンプ場】のご紹介です。山の中にあるので見晴しは最高で近くには川も流れている自然豊かなスポットです。部車が乗り入れないところがありますがモノレールで運べるので便利です。

近くにスーパーがあるので買い出しに便利なのと、温泉施設もあるのでゆっくりと入浴することができます。周辺地図はこちらです。

キャンプに何を持っていけばいいの?

キャンプおすすめアイテム①【テントエアマジック】

キャンプには欠かせないテントはキャンピングカーで行くといらないんじゃないかと思いがちですが、車にくっつけられるタイプもあるので車内と車外両方楽しむことができます。

一般的なテントからハンモックまで種類は様々なので探しているだけでも楽しくなりますね。今は空気で組み立てるタイプもあるので大変な組み立てや片付けが楽になりますよ。

キャンプおすすめアイテム②【クアッドマルチパネルランタン】

ランタンは夜には必需品ですね。山の中のキャンプ場だと木陰で少し暗かったりするのでお昼でも持っておくと安心です。最近は家族でキャンプも多く一緒に行く人数も多いと別行動をすることがあると思います。

そんな時は本体から取り外して個別で使えるタイプが便利です。自然だと電気もなかったりするので充電できるタイプだとスマホの電源が切れそう!という時にもいいですね。

今流行りの一人キャンプ【ソロキャン】

キャンプといえば家族や友達とわいわい過ごすイメージですが、ここ最近は【ソロキャンプ】がブームになっているようです。昔はなかなかできなかった一人外食も何も気にすることなく日常になってきています。

その延長線には究極自由なキャンプがあるのかもしれませんね。いつもにない時間だったり刺激を味わってみてはいかがでしょうか?

ワンランク上の豪華なキャンプ【グランピング】

グラマラス/Glamorous(魅力的な)とキャンピング/Camping(キャンプ)を組み合わせた造語で、自分でキャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然環境の中でホテル並みの豪華で快適なサービスが受けられる、新しいキャンプスタイルのことがグランピングと呼ばれています。 贅沢にキャンプを楽しむ新しいアウトドアスタイルとして話題になり、人気を集めています。

マイトリップ

ソロキャンプとはまた違ったキャンプの仕方ですね。自然の中で贅沢に過ごせるのは今までにないですし若い方や初心者でも楽しめますね。ホテルに泊まらずに豪華なキャンプもいいですね。

まとめ

  • キャンピングカーはみんなが快適に過ごせる
  • キャンプに付いてきてほしい親の気持ちは子供に伝わる
  • 夏とはまた違った冬のキャンプも魅力的
  • キャンプにおすすめな2つのグッズ
  • 一人でも寂しくない!ソロキャンプ
  • いつもより豪華なキャンプで贅沢気分

いかがでしょうか。今回キャンプについてまとめてみました。様々なキャンピングカーやキャンプグッズがあり今年のGWに家族や友達と楽しもうと思います。安全に気を付けて自然を満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です