初心者アウトドアでもフリード+で余裕の車中泊へ出かけよう

新車購入時の原資になる愛車をディーラーで下取りしてもらってませんよね?それ、損するパターンです!!

愛車は一括査定することにより、ディーラーで下取りしてもらうよりもめちゃくちゃ高く売れます。

皆さんが新車購入時に損をしないように、実体験から得た新車購入時の値引きテクニックをまとめて紹介してみました↓

→【新車の驚愕値引き手法とは】相場限界を知ることと愛車の一括査定! 

こんにちは!あやです。夏の猛烈な暑さも和らぎ、朝晩すっかり過ごしやすい気温になってきましたね。こんな時期は家族揃って車でお出かけして野外バーベキューや公園で思い切り外遊びしたいですよね。

普段仕事で十分に子どもたちと触れ合えないお父さんも、バーベキューやテント設営で子供たちの尊敬の視線を集めてみたいと思いませんか?

また、せっかくのキャンプ、思い切ってオートキャンプ場まで遠出してキャンプデビューを計画するお父さんも多いのではないでしょうか?オートキャンプ場での宿泊といえばやはり、車中泊ですよね。

初めてのアウトドア車中泊に大事なポイントは「快適性」「簡易性」「安全性」の3点です。今回、これから車でのキャンプデビューを計画しているお父さん・お母さんにぴったりの車、HONDAフリード+をご紹介したいと思います。

アウトドアはフリード+で車中泊:フリード+とは?

This is サイコーにちょうどいいHONDA!」のフレーズに聞き覚えのある方は多いのではないかと思います。

フリード

HONDA公式サイト

2008年にHONDAから発売されたフリードは”ミニバンでは大きすぎる、けれどコンパクトカーでは小さすぎる”というユーザーにとってまさに「ちょうどいい」サイズのコンパクトミニバンとして人気を博しました。

フリードと他車種を比較した記事も参考にしてくださいね。

シエンタとフリードの勝者は一体どっち!?両車の違いを徹底比較

2019年5月19日

フリードスパイク

フリードは2列シートの5人乗りタイプと3列シートの最大7人乗りタイプの2種類のラインナップで販売されていましたが、2010年には3列目のシートを撤廃し、反転式フロアボードとサイドポケットを設けることで荷物スペースの使い勝手を追求したモデルであるフリードスパイクが導入されました。

フリードスパイクは後部座席を折りたたむことでフルフラット化を実現し、さらに幅も高さもゆとり十分な大容量空間を確保することで、多くの荷物を積み込むことを可能とし、アウトドアなどを趣味とするユーザーに人気となりました。

フリードスパイクも車中泊出来ます。詳しくはこの記事をどうぞ!

アウトドア気分を味わえるフリードスパイクでする車中泊とは?

2019年5月3日

フリード+

「フリード+」は「フリード」に対し、車背面を開口面積の広い専用デザインに変更したニューモデルです。専用デザインの採用により、車背面の開口部地上高を「フリードスパイク」より185mm低い低床化を実現しています。

また、2列目シート倒すことで後部座席のフルフラット化を実現し、ユーティリティボードを用いることで、セミダブルサイズのマットレスを敷くことができるように改良されています。これにより、フリード及びフリードスパイクよりもさらに車中泊に便利な仕様となっています。

HONDA公式サイト
あや(妻)
広い!セミダブルならしゅんちゃんと川の字で寝ても余裕ね。
しゅんちゃん(5歳)
川の字、楽しそう~♪
HONDAフリード種類
  • フリード:ちょうどいいサイズのコンパクトミニバン。3列シート
  • フリードスパイク:フルフラットを叶えるアウトドアの味方。2列シート(2016年販売終了)
  • フリード+:セミダブルサイズのフルフラットを誇る車中泊の味方。2列シート

アウトドアはフリード+で車中泊:足を延ばして快適な睡眠空間を確保

HONDA公式サイト

朝早く家を出発していよいよキャンプ場に到着、仕事でいつも子どもたちと触れ合えない分を取り戻すためにも子どもたちと一緒になって精一杯遊びたいですよね。そして、しっかり活動した後は次の日に備えてゆっくりと眠りたいですよね。

セミダブルベッドな快適室内空間

HONDA公式サイト

フリード+はユーティリティボードを使用してシートアレンジすることで、後部座席をフルフラット化し、セミダブルベッド(180㎝×120㎝)と同程度の空間を確保することができます。つまり、大人も子供も足をしっかり延ばした状態で眠ることができるのです。

奥行だけでなく、横幅も十分に確保できるため、大人二人と子供が川の字に並んで横になっても十分なスペースがあり、慣れない車中泊でも子供も安心して眠ることができます。

また、眠る空間が確保できても荷物が邪魔で寝返りも打てない、なんてこともありません。フリード+のフラットスペースの下は床下収納として使用可能なため、下の段に荷物を収納することができ、せっかくの睡眠空間に荷物があふれるということもなく、快適に車中泊することができます

さらに、車中泊用のマットを引けば車内がまるで自宅の寝室に早変わり寝ころんだ際に背中や腰が痛くなることもなく、快適な空間でぐっすりと眠ることができます。これで翌日に疲れを引きずることなく、楽しいキャンプを満喫することができますね。

しんじ
車中泊って窮屈な車内で足を曲げて眠るってイメージだけど、フリード+なら家族三人で足を延ばして眠れるならぐっすり寝られそうだね。
あや(妻)
そうね、運転で疲れたしんさんもぐっすり眠れそうね。

ハンモックテーブルで快適お手軽リビング

HONDA公式サイト

また、フリード+の純正オプションであるハンモックテーブルを使えば、お昼時の車内がまるでリビングに早変わり。ちょっとした休憩やティータイムも快適に楽しめますよ。

しんじ
すごい!ハンモックテーブルがあると車内がリビングみたいだね。
あや(妻)
これなら遊び疲れてちょっと休憩したい時も快適ね。しゅんちゃんもしっかり遊んで疲れたみたいだし、みんなでお茶にしましょう。特別においしいお菓子買ってきたのよ。
しゅんちゃん(5歳)
やったー!食べよう、食べよう!
車中泊のおすすめ快適オプション
  • マットを敷いてセミダブルベッド化
  • ハンモックテーブルでお手軽リビング化

アウトドアはフリード+で車中泊 : 簡易的にフルフラット化

いくら快適な空間が作れるといっても準備に時間がかかったり、難しい作業が必要だといざ現地で寝床を準備するときにうまくいくか心配ですよね。フリード+ではそんな心配は無用です。

車中泊におすすめの「お休みモード」は1列目・2列目シートをコンパクトに折りたたみ、ボードを広げるだけの簡易的な作業で完成します。これならお父さんが子供たちと遊んでいる間にお母さんが車中泊の準備をする、なんてこともできちゃいますね。

しんじ
本当に簡単そうだね。それならあやちゃんに準備はお任せして、さっそくしゅんちゃんと遊んでくるね!
しゅんちゃん(5歳)
わーい、いこー
あや(妻)
あ、ちょ、ちょっと!・・・もう、仕方ないわね。でも簡単に準備できるならたまにはしゅんちゃんとの時間を持たせてあげましょう。

アウトドアはフリード+で車中泊 :オプション装備で安全性・快適性を更にUp

日中は過ごしやすい気温でも、夜は冷え込むことが多いですね。逆に夏場は締め切った車内では熱がこもって大変、なんてことも考えられます。

そんな場合にも車中泊であれば車内のエアコンで快適に過ごせそう、と思いますよね。でもオートキャンプ場ではアイドリング禁止のキャンプ場も多く、エアコンをつけて過ごすことは難しい場合もあります。

また、エンジンをつけっぱなしにすると一酸化炭素が発生して危険なため、車中泊の場合は基本的にエンジンは切る必要があります。そんな場合でもフリード+なら安全・快適に過ごすことができます。

シェードで風を感じながら安全対策:覗き見防止

HONDA公式サイト

フリード+のオプション装備には窓にぴったりなサイズのシェードがあり、このシェードを取り付けることで、窓を開けて外の空気を車内に入れることができます。また、シェードをつけることで虫が車内に入り込むことを防ぎ、車外から車の中をのぞかれる心配も減らすことができます。

カーテンで室内を安全・快適にプロテクト

お休み時には窓全体を覆うことが可能なカーテンを取り付けることで、周囲からの視線を遮りつつ、断熱効果により車内の温度を保つことも可能です。

しんじ
窓全体をぴったり覆ってくれるから光漏れもなさそうだね。断熱効果もあるみたいだから快適に眠れそうだね。
あや(妻)
そうね。周りを視線を気にしなくていいのはうれしいわね。取り付けも簡単にできそうね。
車中泊の安全・快適オプション
  • 純正シェードで風を通しながら目隠し
  • サンシェードで断熱と目隠しを両立

他にもフリード+の車中泊記事を用意しています。読んでみてくださいね。

アウトドアをしよう!ホンダフリードプラスは車中泊に最適だった!?

2019年6月7日

アウトドアで家族も大満足!フリードプラスで心地よい車中泊!

2019年4月9日

まとめ

  • フリード+とは車中泊に最適な車
  • フリード+は家族全員が足を延ばして眠れる快適空間を実現
  • フリード+は簡易的操作でフルフラット化
  • フリード+はオプション装備で安全・快適な車中泊

車中泊におすすめのフリード+について、車中泊でポイントとなる「快適性」「簡易性」「安全性」について紹介しました。

フリード+とともに家族での素敵なアウトドアキャンプの思い出を作りにでかけませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です