ヴェルファイアの内装グレードによって変わる後部座席の乗り心地

新車購入時の原資になる愛車をディーラーで下取りしてもらってませんよね?それ、損するパターンです!!

愛車は一括査定することにより、ディーラーで下取りしてもらうよりもめちゃくちゃ高く売れます。

皆さんが新車購入時に損をしないように、実体験から得た新車購入時の値引きテクニックをまとめて紹介してみました↓

→【新車の驚愕値引き手法とは】相場限界を知ることと愛車の一括査定! 

みなさん、こんにちは。しんじです。

トヨタで大人気ミニバンのヴェルファイアは、見た目のかっこよさはもちろんのこと大人の上品さと高級感も持ち合わせた、誰もが一度は乗ってみたい高級ミニバンですよね。

ヴェルファイア内装グレードによって変わります。後部座席乗り心地はどうなるのでしょうか。

ヴェルファイアのグレード

トヨタ公式サイト

写真だけでもかっこよさと高級感に酔いしれちゃいますよね。

かっこよさが先に目につきますが、たしかにグレードが多すぎてどれがどれなのか理解するのが難しいというのがあると思います。

まずはヴェルファイのグレードを理解しましょう。

要約すると3つの種類に分わけることができます。

しんじ
こんなかっこいい車、一度でもいいから乗ってみたい!!
あや(妻)
確かにかっこいいけど、乗り心地はどうなんだろう?
しんじ
その前にヴェルファイアってグレードがたくさんあってどれがどれだか、いまいちわからないや

標準ボディ

グレード 乗車人数 価格
Executive Lounge(ハイブリッド) 7人乗り 7,488,800円 
V“L エディション”(ハイブリッド) 7人乗り 5,654,000円 
V(ハイブリッド) 7人乗り 5,089,700円 
X(ハイブリッド) 8人乗り 4,466,000円~
Executive Lounge 7人乗り 7,158,800円~
XL 7人乗り 4,652,000円〜
V 7人乗り 4,240,000円~
X 8人乗り 3,438,600円〜

エアロボディ

グレード 乗車人数 価格
HYBRID Executive Lounge Z(ハイブリッド) 7人乗り 7,641,700円 
ZR“G エディション”(ハイブリッド) 7人乗り 5,801,400円 
ZR(ハイブリッド)  7人乗り 5,139,000円〜
Z(ハイブリッド) 7人乗り 4,717,900円 
Executive Lounge Z 7人乗り 7,310,600円〜
ZG 7人乗り 5,061,100円〜
ZR“G エディション” 7人乗り 4,464,900円〜
Z“A エディション” 7人乗り 3,999,600円〜
Z 8人乗り 3,782,900円~
しんじ
うわ、たくさんありすぎてわかないよ〜

グレードの多さに驚きを隠せないと思いますが、下記のように3種類に分けることができると理解していただければ大丈夫です。

  • Executive Lounge → 高級志向
  • Z・ZG → エアロボディ
  • X・V・VL → 標準

エアロボディは、上下2つあるヘッドライトが両方とも点灯しヴェルファイアらしさである迫力がより際立つようになりました。さらにメッキ使用部を広げてどっしりと迫力あるデザインになっています。

標準ボディーは、まとまりを意識したデザインになっており、クールかつモダンな作りになっています。エアロボディと比べるとすっきりした印象になっています。

さらにこのグレードに様々なオプションをつけて、購入者のニーズに応えていく形になります。

ヴェルファイアのファーストクラスのような内装

トヨタ公式サイト

暗闇のなかにその存在感を放つ白く美しい曲線を持ち合わせたゴージャスなシート。

特にシートだけが白色というのは内装はが黒いということもあって映えてますね。

今までこういう内装デザインがなかったのでこれだけでお洒落ですが、この白レザーシートは夏は涼しい冬は暖かい印象を与えてくれます。

車内が広いので狭さを全く感じさせないのはもちろんのこと、他にはないデザインでどこか大人の余裕ある上品さも感じます。

トヨタ公式サイト

白は汚れが目立つからちょっとなぁ〜という人もいるでしょう。

エアロボディは黒色のシートが基本になっています。白色のシートとよりも落ち着きと重厚感あふれるデザインになっています。

シート素材はファブック・合成表皮・本革とグレードごとに変わります。

最上級グレードのエグゼクティブラウンジにはプレミアムナッパ素材という柔らかさとしとやかさを向上させた牛革を使用しています。

見た目だけでなく触り心地も妥協していないのがヴェルファイアの凄いところです。

ヴェルファイアについて他にも知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

ヴェルファイアの特別使用車“GLD EYES”どこまで値引き? 

2019年9月17日

ヴェルファイア特別仕様車のモテカッコいい内装&外装の数々を見よ

2019年7月14日

ヴェルファイアの細かい気遣い満載の運転席

トヨタ公式サイト
しんじ
高級感とカッコよさを兼ね揃えたヴェルファイア!!カッコよく運転したいよ〜!
あや(妻)
けど、見た目はカッコよくても使いにくかったら残念だよね…

いえいえ、ヴェルファイアは見た目だけでなくドライバーが快適に楽しく運転できる機能が備わっていますよ。

マルチインフォメーションディスプレイ

手をハンドルから離さずにオーディオ操作やマルチインフォメーションディスプレイの表示切替えがボタン1つで操作できます。

他にも4.2インチの見やすいマルチイフォメーションディスプレイが運転状況ナビ画面と連携した情報を表示してくれます。

運転しながらもドライバーに多彩な情報を一目で伝えることができます。

表示画面はグレードによって変わりますが、高級ミニバンらしさのサービスが満載です。

この機能はプロの視点からも高く評価を得ています。

デジタルインナーミラー

トヨタ公式サイト

デジタルインナーミラー搭載によって後方がよく見えるようになりました。

今までのヴェリファイアは後部座席に人が乗ると後ろが見づらかったり、さらに大きな車は死角も多いのでミラーだけでは安全確認が難しいというデメリットがありました。

デジタルインナーミラーならカメラが後ろのエンブレム近くに搭載されているので遮るものがなくよく見えます。

ボタン1つで通常のバックミラーとデジタルインナーミラーの切り替えができるのは便利ですよね。

電動パーキングスイッチ

トヨタ公式サイト

特に女性は大きな車だと駐車するのが難しくて憂鬱という人も多いのではないでしょうか?

それを理由にヴェルファイアの購入を反対されているお父さんにもコレは朗報です!

ヴェルファイアにはボタン1つで自動で駐車してくれるんです!!

駐車したいスペースの前に車を止める

ボタンを押す

ブレーキを離していく

この3ステップだけでちょうどいい所に駐車してくれます。

せっかく買った車をすぐに傷つけてしまうんじゃないかという心配をボタン1つで解決してくれるヴェルファイア。

やはり高級車ということあってドライバーのサポートもしっかりしてくれる頼もしい存在ですね。

助手席のスライド機能が度肝を抜く!!

トヨタ公式サイト

な、なんと新型ヴェルファイアの助手席のスライド機能が凄すぎるんです!!

助手席が1160mmもスライドが可能になりました。

トヨタ公式サイト

1160mmはだいたい小学生低学年くらいの身長です。子どもが脚を伸ばして横になれるくらいの幅ということです。

最大限に下げると2列の後部座席の位置とほぼ一緒になります。

写真のように脚を伸ばしても余裕あるスペースには驚きを隠せませんよね!!

縦長の荷物を積むときにも便利だし、助手席で仮眠をとることもできます。

もちろん動かし方は簡単で、座席の下にあるつまみを動かせばちょっとの力で動かせます。

座席がこれ以上動かせないから荷物が入らない!!という不便さはヴェルファイアにはなさそうですね。

ヴェルファイアの後部座席が快適すぎて動けなくなる

トヨタ公式サイト

両サイドに肘掛とサイドテーブルがあり、まるでビジネルクラスのような座席。

豪華という言葉はこのためにあるようなものですね。

車体が広いだけでなく座席のスライドできる幅が広いので、お子様のお着替えやチャイルドシートからの乗り降りもしやすいです。

なにより足を伸ばして仮眠が楽々にできます。休みの日に家族で遠出に出かけた時に、ドライバーも乗る人も車内にいる時間が快適なものになります。

しかし、写真はあくまでも演出なので、実物が写真のイメージとはなんか違ったという経験はありませんか?

ヴェルファイアの後部座席は写真のイメージをいい意味で覆します。

夏の移動がもっと快適に

トヨタ公式サイト

ヴェルファイアのシートは本革が魅力ですが、本革シートの最大の難点は通気性です。

夏場は太ももの裏が蒸れ、不快な思いをしたり汗疹に悩んだことがありませんか?

ヴェルファイアはその後部座席はシート自体に送風機能が付いており、座席と密着する背中や太ももの裏の汗を吹き飛ばしてくれます。

特に後部座席はエアコンが運転席や助手席のようにすぐに効かないということがありますよね。

毎年40度近く暑くなる日本ですぐに汗を吹き飛ばしてくれる機能が付いているのは大変ありがたい機能です。

冬は温かさに癒される

トヨタ公式サイト

逆に冬場だと、革シートはひんやりしていてまるでカバーをしていない便座みたいですよね。

しかし、このヴェルファイアの座席には送風機能だけでなくヒーター機能もついています。

このヒータをつけるとじんわり暖かくなって、こたつとは違う優しい温かさに癒されます。

さらに、どの席も快適に過ごせるように温度センサーがついていて、前だけが涼しくて後ろは暑いというよく起こる現象を自動で解決してくれます。

さらにさらに温度調節だけでなく、乗車人数に応じてエアコンを停止してくれるので、無駄なガソリンの消費を抑えてくれます。

至れり尽くせりの快適さにもう座席から動けなくなります。

後部座席にもコンセント

トヨタ公式サイト

スマホユーザーで気になるのが電源。子連れならゲーム機の充電も必要になりますよね?

もし長い渋滞待ちで時間つぶしのスマホやゲーム機の充電が充電でなくなりそうになると困りますよね。

多くの車なら運転席・助手席なら充電しながら操作ができますが、後部座席にはコンセントがなくて充電しながら操作ができないのが難点でした。

しかし、ヴェルファイアなら後部座席にコンセントがあるから充電しながら操作ができます。

ヴェルファイアの内装やグレードについての記事はこちらもおすすめですよ。

ヴェルファイアでの車中泊は8人乗りシートでOK?それとも7人?

2019年5月9日

粒ぞろい!ヴェルファイアのカラーを独自の視点で人気順にご紹介!

2019年4月16日

ヴェルファイアのラゲッジスペースも侮るなかれ

トヨタ公式サイト

写真にたくさんの数字が書かれてますね。

この数字、ヴェルファイア車内にある収納スペースの数と場所を表しています!!

ラゲッジスペースじゃなくてもこれだけの収納を用意しているヴェルファイア。

肝心のラゲッジスペースはどうなんでしょうか?

大容量のラゲッジスペース

トヨタ公式サイト

7人乗りヴェルファイアならトランクケースが2つ、さらに座席を前にスライドさせればトランクケースを3つ置けます。

子どもの習い事の道具を置くのはもちろんのこと、実家の帰省やアウトドアでも大活躍間違いなしの広さです。

トヨタ公式サイト

さらに8人乗りヴェルファイアなら自転車2台乗せれます。

ヴェルファイアと一緒ならいろんなアウトドアを楽しむことができそうです。

背が高い荷物も運べちゃう

トヨタ公式サイト

さらにラゲージ床下に大容量の床下収納(148L)があり、スペタイヤを入れるだけでなく背の高い観葉植物も横転する心配なく運ぶことができます。

観葉植物を横転の心配なしに運べるってすごいですよね!

ヴェルファイアで車中泊をするとき、座席を倒しても収納スペースが確保できるのは便利ですよね。

まとめ

  • ヴェルファイアのグレードは高級思考・エアロボディ・標準の3つにわけることができる
  • 内装は白か黒でファーストクラスのような作り
  • プロも絶賛する運転サポートシステム
  • シートのスライド領域が広く、後部座席にも送風・ヒーター機能・コンセント付きで快適
  • 大容量のラゲッジスペースでどんなものでも運べる

機能性とデザイン性を両立するのは基本的に難しいと言われて言ますが、ヴェルファイはこの2つを両立しており、プロの視点からも高く評価されている車です。

人生で一度くらい誰かに自慢できる車に乗ってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です