主婦必見!!N-BOXの燃費とガソリン代を他の車と比較してみた

こんにちは、しんじです。車を持っていると、税金や保険料などの維持費がどうしても必要になってしまうものです。その維持費の中でも、給油時のガソリン代は車種や運転スキルなどで変動しますよね。

家計のやりくりを頑張ってくれているあやのためにも、できる限り抑えられる費用は抑えていきたいんです。そこで人気のN-BOXについて、実際のガソリン代に直結する燃費が良いのか悪いのか調べてみました。

N-BOXの燃費ってどれくらい?

N-BOXと一口に言っても、大きくN-BOX、N-BOX SLASH、N-BOX+(現在は販売終了)の3種類に分けられます。

その中でもFFか4WDか、ターボ仕様かどうか等の違いによっても燃費のカタログスペックの値は変わってきます。
それぞれの燃費を細かく見ていきましょう。

※JC08モードでの最新の走行燃料消費率のカタログスペックを記載しています。

N-BOX、N-BOX Customの燃費

FF車

・普通:25.0km/L ~ 27.0km/L

・ターボ:25.0km/L ~ 25.6km/L

4WD車

・普通:24.2km/L ~ 25.4km/L

・ターボ:23.0km/L ~ 23.4km/L

N-BOX SLASHの燃費

FF車

・普通:25.8km/L

・ターボ:23.0km/L ~ 24.0km/L

4WD車

・普通:23.8km/L

・ターボ:21.0km/L ~ 21.8km/L

N-BOX+、N-BOX+ Customの燃費

FF車

・普通:24.4km/L

・ターボ:22.6km/L

4WD車

・普通:23.6km/L

・ターボ:21.4km/L

注意

N-BOX+は2017年8月に販売終了になっています。中古車を購入する場合は問題ありませんが、新車として購入しようと思っている方はご注意ください。

あや(妻)
ん~…これだけ見てもよくわからないな。結局N-BOXって燃費がいいの?悪いの?
しんじ
じゃぁ、他の軽自動車の燃費も見てみようか

スペーシア(スズキ)の燃費

・2WD:28.2km/L ~ 30.0km/L

・4WD:26.4km/L

タント(ダイハツ)の燃費

・2WD:26.0km/L ~ 28.0km/L

・4WD:24.6km/L ~ 27.0km/L

あや(妻)
こうしてみるとそこまで燃費が良いわけではないような…
しんじ
そうだね、残念ながらN-BOXは他の車に比べても、特別に燃費がいいってわけではないんだ

N-BOXの燃費の違いって実際にどれくらい影響があるの?

しんじ
じゃぁ、今度は実際の年間のガソリン代として考えてみよう

※今回計算した値は下記の前提です。

・ガソリン代は141.1円/L

・年間走行距離は3000km5000km10000kmを比較

・燃費は通常仕様のカタログスペックの最高値として計算

N-BOXのガソリン代

走行距離(km) 年間ガソリン代(円)
3,000 15,678
5,000 26,130
10,000 52,259

 

N-BOX SLASHのガソリン代

走行距離(km) 年間ガソリン代(円)
3,000 16,407
5,000 27,345
10,000 54,690

N-BOX+のガソリン代

走行距離(km) 年間ガソリン代(円)
3,000 17,348
5,000 28,914
10,000 57,828

スペーシア(スズキ)のガソリン代

走行距離(km) 年間ガソリン代(円)
3,000 14,110
5,000 23,517
10,000 47,033

タント(ダイハツ)のガソリン代

走行距離(km) 年間ガソリン代(円)
3,000 15,118
5,000 25,196
10,000 50,393

少しわかりにくいので、今度は走行距離別でも見てみましょう。

走行距離(km) 車種 年間ガソリン代(円)
3,000 N-BOX 15,678
N-BOX SLASH 16,407
N-BOX+ 17,348
スペーシア(スズキ) 14,110
タント(ダイハツ) 15,118
5,000 N-BOX 26,130
N-BOX SLASH 27,345
N-BOX+ 28,914
スペーシア(スズキ) 23,517
タント(ダイハツ) 25,196
10,000 N-BOX 52,259
N-BOX SLASH 54,690
N-BOX+ 57,828
スペーシア(スズキ) 47,033
タント(ダイハツ) 50,393

こうしてみてみると、走行距離によっては年間最大10,000円もの差が開いてしまうこともあるみたいです。

あや(妻)
えぇ!?10,000円もあったら贅沢に外食したり、欲しかったアレコレを買えたりできちゃうじゃない!!

N-BOXに関する記事はこちらもおすすめですよ。

N-BOXvsハイブリッドカー 総合力対決!その勝敗や如何に!?

2019年4月8日

N-BOXは豊富なグレードで勝負!悩めるグレード選びを徹底検証

2019年4月17日

N-BOXの特別仕様車はお洒落さんに必見の車って知っていた!?

2019年4月16日

N-BOXのエコへの取り組み

ただ、N-BOXがエコを全く考慮していないわけではなく、いろいろな機能を持たせています。新型のN-BOXを例に見てみましょう。

アイドリングストップシステムで自動でエコドライブ

ホンダN-BOX公式サイト

信号の手前など、減速中からエンジンを自動的にストップ。より長くエンジンを止め、燃料消費と排出ガスを抑えます。(条件によってはエンジンを停止させない場合があります。)

ホンダN-BOX公式サイト

運転技術としても有名な『アイドリングストップ。』停車中はエンジンを止めることで、ガソリンの消費を極力抑えることにつながります。N-BOXに搭載のアイドリングストップシステムは、これを自動的に実施するシステムです。

『アイドリングストップしたほうが基本は燃費にいい』とは分かっていても慣れなかったり、つい忘れてしまったりとなかなか実施できないことも多くあります。

僕も運転自体に集中していると、ついついそっちにまで意識が回らないことも多々あるんです…。その点N-BOXなら、自動的にアイドリングストップしてくれるので、より燃費を意識した運転につなげられます

あや(妻)
うっかり者のしんじでも、これなら安心ね!!
しんじ
…僕ってそんなにうっかり者かなぁ…

ECONスイッチ(ECONモード)で燃費向上

ホンダN-BOX公式サイト

エンジンやエアコンといった、クルマ全体の動きを燃費優先で自動制御するECONモード。空調など快適性を優先したいときは、スイッチを押してOFFにできます。

ホンダN-BOX公式サイト

これも自動でしてくれるシステムで、モードをONにすれば、燃費を優先するように車全体のシステムをコントロールしてくれる優れものです。

運転って結構集中力が必要なので、エアコンを細かく付けたり消したりなど、細かいことにまで意識をさけないんですよね…

このECONモードがあれば、車に全部お任せできるので、気軽にエコドライブを実施出来ちゃいますね!もちろんOFFにすれば自分で調節することもできるので、安心です。

アンビエントメーターで燃費運転の状況をチェック

ホンダN-BOX公式サイト

燃費にいい運転をすると、メーター中央の照明色が変化。楽しくわかりやすい表示で、ドライバーをエコドライブへと導きます。

ホンダN-BOX公式サイト

エコにいい運転をしても、本当に結果が出てるのか、不安になりませんか?すぐ結果が出てこないと、なかなか継続するのって難しいですよね。

でもN-BOXなら、エコな運転をすると、メーター上でランプでお知らせしてくれるので、うまくできているかどうかすぐわかるんです。

まるで愛車から褒めてもらえているようなので、飽き性の人でも、楽しくエコドライブを続けていけますね。

より燃費を抑えるにはどうすればいいの?

発進時はふんわりスタート(eスタート)

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

一定の速度まで上がれば、ある程度ふみこんでもOK。周囲の流れに乗りましょう。
発進時は2、3台先に止まっている車の動きや、交差する道路の信号の変化に注意して、出遅れないようタイミングを計りましょう。

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

車って重いので、動き出すのにかなりエネルギーが必要になります。ただ重い分、一度動き始めてしまえば勢いがつくので動き続けるのにエネルギーはそこまでかからないんです。

だから動き始めにアクセルをゆっくりと踏んでおけば、必要なガソリンをぐっと抑えることができます。

走行時はアクセルを一定に

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

すぐ前の車だけでなく、少し先の交通状況に気を配り、混雑や赤(黄)信号で速度を抑える必要がある場合にはアクセルを余計に踏み込まない、また、路上駐車や工事箇所が見えたら手前で車線変更をしておくなど早めの対処をするなどが、ムダな加減速を抑えるコツです。

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

動いている車のスピードを上げるときには、よりエネルギーが必要になって、ガソリンの消費が多くなってしまいます。

逆に一時的にスピードを落とした後は、もちろん元の速度に戻すのにスピードを上げなければならないので、やっぱり多くのガソリンが必要になります。

だから、なるべくスピードの変化をさせないために、周囲に気を配った運転を心掛けると、より燃費のいい運転になるんです。

減速時は早めにアクセルOFFに

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

先の交通状況に気を配り、赤(黄)信号などで停止することが分かったら、自分のエンジンブレーキの利き具合に応じて適当な位置でアクセルから足を離し、エンジンブレーキで減速します。停止位置が近づいたらフットブレーキでしっかり停止します。

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

車が加速するのには、当然エネルギーの源であるガソリンが必要になりますよね。だから目的地に近づいたり、信号で止まりそうだな、ってときにアクセルから早めに足を放しておけば、燃費を抑えた運転になるんです。

それで、必要になったらフットブレーキでしっかりと停止させれば安全運転もしっかり実施できますよね。

停止時はアイドリングストップを

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

車は、停止中でもエンジンがかかっていれば燃料を消費します。10分間のアイドリングで約130cc程度の燃料を使います。
走行していなければムダな消費ですので、停止しているのであればエンジンをとめるように心がけましょう。

日本自動車連盟(JAF)公式サイト

車って、エアコンだったりラジオやプレイヤーだったりと、移動していない時でもガソリンを使っちゃうんです。だから停止している時だけでもエンジンを止めておけば、必要な燃料を抑えた運転ができるんです。

まとめ

  • N-BOXは他の軽車両と比べると、燃費がいいわけではない
  • 走行距離によっては年間最大10,000円もの差が開いてしまうこともある
  • アイドリングストップシステムなど、N-BOXにもエコ機能はある
  • 運転方法に気を付けると、より燃費を抑えることができる

色々調べてみたらN-BOXは燃費がそこまでいいわけではないみたいでした。
ただ、エコに関するシステムはしっかりと搭載されていますので、少し意識するだけでも家計に優しい自動車生活を楽しめそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です