キャンピングカーのレンタルが安い!埼玉のおすすめ店舗を3店紹介

こんにちは、しんじです。

旅行やレジャーに出かけたいけど、泊まりともなると出費が大きいからと悩んでいませんか? 

実は、キャンピングカーレンタルすると出費が抑えられるんです。今回は、初心者の方にもわかる解説付きでレンタルが安い埼玉のおすすめ店舗を3店紹介します。

キャンピングカーとはどんな車?

キャンプ場やイベント会場に行くとたまに見かけるキャンピングカーですが、そもそもキャンピングカーってどのような車なのでしょうか?

このキャンピングカーの原点は、今から200年ほど前にアメリカで誕生した「幌馬車(ほろばしゃ)」と呼ばれる馬車で、幌(ほろ)という防水布で馬車を覆うことで雨風や日光を避け快適な移動や寝泊まりを可能とした馬車のことです。

その後の1920年代、自動車産業の発達とアメリカでのアウトドアブームにより、車の中でより快適なアウトドアを楽しめるように木製キャビンを乗せた私製のキャンピングカーが作られるようになりました。

それから100年たった現在では、寝泊まり以外にもキッチンやトイレなど家の中にある設備を車に設置したキャンピングカーが最近増えています。

しんじ
昔も今もキャンプを楽しむためのパートナーなんだね。
あや(妻)
100年経った今ではどんな種類のキャンピングカーがあるんだろ?
クルマ先生
それではキャンピングカーの種類について説明しましょう。

キャンピングカーの種類

キャンピングカーと言っても形状やサイズは様々ありますが、どの車をベースにしたかで分類が分かれます。

基本的にはベースの車に改造という意味のコンバージョンを付けて○○コンと呼ばれます。

バンコン (バンコンバージョン)

東京C.R.C HP

荷物を運搬するためのバンをキャンピングカーに改造した車で、サイズや外見はあまり変化していないため、大型車の運転に慣れている人には運転しやすいキャンピングカーだと思います。

キャンピングカースタイル

車内が広いバンがベースになっているので車内の設備も充実したものが多く、ダブルベッドやキッチンが付いたものや、ロングソファーにテレビが付いたものなど色々とカスタムされている車です。

ただし、防音性と断熱性はキャンピングカーとしては低いので体温管理には十分な注意が必要です。

キャプコン(キャプコンバージョン)

東京C.R.C HP

キャンピングカーと聞いて始めに頭に浮かぶのはこのタイプの車ですよね。トラックの荷台に住居スペースを乗せたもので、「バンクベッド」と呼ばれる運転席の上部にスペースがあるのが特徴です。

車内の設備も充実していることはもちろん、就寝が充実しているのがキャプコンの優れている点ですね。

スペースバンクベッドは収納式で就寝時に引っ張り出して使用でき子供3人くらいなら余裕で寝れますし、対面式の座席もありこの座席もほとんどの車種がベッドとして利用できるようになっています。

さらに、ほとんどの車種にリアベッド(常設の就寝スペース)があり、物を移動させずに就寝できるので少し横になりたい場合などには大変便利です。

防音性、断熱性にも優れていて収納スペースも豊富なので快適な車中泊ができます。

バスコン (バスコンバージョン)

マイクロバスなどを改造したキャンピングカーの事です。そもそもバスは大勢の人や物を乗せるため、足回りも強く馬力(パワー)もあり、走行性能が高いので目的地まで快適に過ごせます。

ただし、平成29年3月12日から、普通免許、中型免許、大型免許に加えて、新た「準中型免許」が新設され普通免許では一部のキャンピングーが運転できない場合があります。

【改正前】

改正前の範囲 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許
車両総重量 5.0トン未満 11.0トン未満 11.0トン以上
最大積載量 3.0トン未満 6.5トン未満 6.5トン以上
乗車定員 10人以下 29人以下 30人以上

【改正後】

改正後の範囲 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許
車両総重量 3.5トン未満 5.0トン未満 11.0トン未満 11.0トン以上
最大積載量 2.0トン未満 3.0トン未満 6.5トン未満 6.5トン以上
乗車定員 10人以下 10人以下 29人以下 30人以上

改正前の普通免許の取り扱いは、改正後も同じ範囲で運転することができます。

軽キャンパー

外から見るとただのワゴン車に見えますが、この軽キャンパーも立派なキャンピングカーです。

軽ワゴンの後部座席を取り外してベッドや調理スペースを取り付けたシンプルなキャンピングカーですが、2人ぐらいでキャンプするならちょうどよい車ではないでしょうか。

軽キャンパーが気になる方はこちら!

軽キャンピングカーでのんびり一人旅を楽しむために必要なまとめ  

2019年5月31日

キャンピングカーをレンタルする利点とは

キャンピングカーをレンタルすると、どんなお得なことがあるのでしょうか?

ホテルに泊まるより宿泊費が安くなる

ホテル宿泊費は安くても1日で1人5,000円ぐらいですよね、キャンピングカーを、1日15,000円でレンタルして定員7名だった場合、半額以下(2,150円程度)です。

キャンピングカーのレンタル料金は平日・土日祝日・ハイシーズン(年末年始やゴールデンウィークなど客が最も殺到する時期)と分かれている場合が多く利用料金も変動します。

ホテルやレストランの予約が要らない

大型連休などで、家族旅行に行こうとしてホテルの予約が取れなかったり、取れても目的地からかなり遠かったりなんてことありませんか?

レストランも待ち時間が長かったり、近場に食べたい店がないなんてことも考えられます。

キャンピングカーのレンタルは、人数に合わせて車種を選ぶだけですし、好きな食材を買って調理すればいいだけなんです。

面倒な移動や出費が減る

ホテルからの移動などで公共交通機関(バス、列車)などは混んだり待ち時間があったり便利ですが、タクシーを呼ん場合の家計への負担は大きいですよね。

キャンピングカーのレンタルは、移動は便利ですし出費はガソリン代のみなので家計への負担は少ないですよね。

キャンピングカー利用方法(手順)

キャンピングカーレンタルが初心者の方にも、わかりやすく手順の説明をします。

ホームページでレンタルショップを選ぶ

ほとんどのお店がネット予約となっているのでホームページからネット予約をしましょう。

予約の前に、年齢が若い方や免許の取得後間もない方は「貸出条件を確認する」ことから始めましょう。

免許取得後〇年未満や〇〇歳未満の方には貸出できませんなどの規定があり、運転できない場合があります。

レンタル車種を決める

車種/乗車人数/就寝人数を考慮し選択する。

ペットを同伴させたい方は、レンタル車種の写真部分や、備考欄にペット同伴可否の記載があることが多いので見逃さないようにしましょう。

グッズをレンタルする(必要な場合のみ)

貸出しグッズは、お店毎に品ぞろえも違いますし、場合によっては置いていないこともあります。手配方法もさまざまで、ネット予約フォームで選択できることもありますし、お店で直接レンタルをする場合もあるので、お店やホームページで確認しましょう。

レンタルグッズ例

・寝具

・マットレス

・テント

・クーラーバック

・ランタン

・バーベキューセット

・折り畳みテーブル

・折り畳みチェアー

・食器など

いろいろなものもレンタル可能です。

予約をする 

ほとんどのお店はネット予約なので、予約フォームに必要事項を記入し、運転免許証の画像をアップロードする。

予約をする際に「予約金」を一度入金してお店側で入金の確認が取れた後に予約が確定します。

予約金の支払い方法は、基本的にはクレジットカードですが、銀行振り込みができるお店もあります。

予約日ですが、特殊な車両で数も多くありません車両が使用中の可能性もあるので、1週間前までの予約をおすすめします。

ただし、ハイシーズンは、もっと早めのに予約をおすすめします。

契約手続き

まず最初に「ネット予約で契約手続きが完結する場合」と「当日お店で実施する場合」があるので注意してください。

契約書類の作成と契約内容の確認、運転免許証の提示は運転予定者全員分となりますので忘れないようにしましょう。保険の説明や任意の補償サービスの手続きも実施します。

車両保険/補償サービスについて

キャンピングカーでの運転となると、慣れない車での移動や長距離運転など事故を引き起こす要素が増えてしまいます。

「事故を起こしたらどうしよう」と不安を抱えたままではせっかくの旅行も楽しめません。なので、車をレンタルする際には保険や補償内容について理解しておきましょう。

基本的にレンタカーはお店側で車両保険に加入しているため、事故を起こした際には、お店側の車両保険で支払われます。

お店毎に保険内容が違うので、車両保険の記載例と保険の内容について簡単に説明します。

〈保険の用語説明〉

  • 〈対人賠償〉自動車事故により他人を死傷させた場合
  • 〈対物賠償〉相手の車や壁など他人の物を壊してしまった場合
  • 〈車両補償〉契約している車が事故などで損害を受けた場合
  • 〈人身傷害〉契約している車の運転手/同乗者が事故により死傷した場合

〈車両保険の記載例〉

対人賠償
1名につき無制限
対物賠償
1事故につき無制限(免責額10万円)
車両補償
車両時価額(免責額10万円)
人身傷害 1000万円

保険の内容や金額はお店毎に差があるので必ずチェックしましょう。

次に、対物賠償と車両補償の免責額(自己負担する金額)について車両保険の記載例を参考に説明します。

例えば他人の家の外壁に車をぶつけてしまい、相手の外壁修繕費が30万円でレンタカーの修理費が20万円だったとします。

車両対物賠償(免責額:10万円)で車両補償(免責額:10万円)なので、20万円が契約者の自己負担となり、残りの金額30万円分は保険が適用されます。

つまり事故を起こした場合、最大で20万円の自己負担が発生することになるのです。

ただし契約時に、1日3,000円程度で免責補償料(任意)を支払っていた場合には自己負担が発生することはありません。もし運転が不安な人は免責補償制度があるか確認しましょう。

しんじ
1日3,000円は割高だけど、運転に不安がある人は入ったほうが安心だね!
あや(妻)
普段使ってる車とはサイズが違うし、慣れない道を通るから入ったら安心な旅が出来そうね。

もう一つ注意してほしいのは、免責補償(任意)に加入しても「営業補償」としてNOC(ノンオペレーションチャージ)は発生します。

NOC(ノンオペレーションチャージ)とは、事故・故障・車内の汚れ(次のお客への貸し出しができないと判断される汚れ)などで修理や清掃が必要となった場合に発生します。

「自走ができる場合:〇万円」「自走ができない場合:〇万円」自己負担となりますなどの記載があります。お店によっては、NOC補償プランがあります。

免責補償(任意)に加入せずに事故を起こした場合、車両対物賠償(免責額:〇万円)+車両補償(免責額:〇万円)+NOC(〇万円)の自己負担が発生することになります。

クルマ先生
車両保険は事故以降出るはずだったお店の利益までは保証してくれません。
しんじ
だからNOC(営業補償)が発生するんだね!

料金支払い 

「指定日までに料金を支払う場合」と「当日お店で直接支払う場合」があります。主に現金・クレジットカードでの支払いクレジットカードのみと言うところもありますので注意してください。

キャンピングカーの説明(30分程度)

キャンピングカーをレンタルする際にはお店の人からレンタルするキャンピングカーの説明があります。普段の車とは勝手が違うため説明内容はしっかりと聞いておきましょう。

キャンピングカーの設備も説明を受けるはずなので、教えてもらった操作で実際で動くかどうかを確認しましょう。

キャンピングカーを返却する 

楽しい旅行が終わったらキャンピングカーの返却をしましょう。

返却する際はガソリンを給油してから返却をしましょう。

キズや汚れなどがある場合は、営業補償として自己負担が発生する場合があるので注意してください。

しんじ
ごみや貴重品を車の中に忘れないようにしなきゃね
あや(妻)
綺麗な状態で返さなきゃね!

埼玉県のキャンピングカーレンタルおすすめ3店舗

今回の掲載している基本料金は埼玉県内の店舗のみを対象に料金を算出しています。

フジカーズジャパン狭山店

FUJI CARS JAPAN HP

フジカーズジャパン狭山店では、取り扱い車両が「7台」で車両毎に料金が設定されています。

自宅、ターミナル、職場などへの配車サービスもあり、「『いつでも』早割を使うとどの車種でも一律6,000円でレンタルできる割引や毎週火曜日の定休日をまたいでレンタルすると火曜日のレンタル代金が半額になる「定休日割引などお得な割引もあります。

平日 11,900円~18,400円(税込)
土日祝日 1日あたり +5,000円(税込)
ハイシーズン 1日あたり +3,000円(税込)
クリーンサービス代 +2,800円(税込)

割引情報

  • 長期割引
  • 『いつでも』早割
  • 定休日割引

詳細はHPから確認してください。

キャンピングカーレンタルのCAMP IN CAR 戸田

CAMP IN CAR HP

CAMP IN CAR戸田では、取り扱い車両が19台で車両毎に料金が設定されています。学生グループ限定の学割を使うと2日目以降は半額となる学生にはとても嬉しい「学割」や3ヵ月以上前からの予約で利用総額より最大20%OFFとなる「早割」などお得な割引もあります。

平日 17,500円~25,000円
土日祝日 1日あたり +5,000円
ハイシーズン 1日あたり +10,000円

割引情報

  • 学割
  • 早割
  • 町おこし第1弾記念キャンペーン
  • くるま旅クラブ会員様特典
  • 長期貸出割引
  • リピート割

詳細はHPから確認してください。

キャンピングカーのNEXTLIFE

NEXT LIFE HP

NEXTLIFE では、取り扱い車両が4台で車両毎に料金が設定されています。平日限定で15時以降レンタルした場合、半額になる「ハーフ料金プラン」やレンタル日がお子様の誕生日だと30%OFF、お子様にも家族にも嬉しい「お子様バースデー割引もあります。

平日 16,000円~18,000円
土日祝休日 20,000円~24,000円
ハイシーズン 24,000円~28,000円

割引情報

  • 長期割引
  • シニア割引
  • ハーフ料金
  • お子様バースデー割引
  • リピーター様割引

詳細はHPから確認してください。

キャンピングカーの記事はこちらも読んでみてください。

これがキャンピングカーだ!!種類もいろいろあなたはどれを選ぶ?

2019年6月23日

キャンピングカーを極めよう!5人家族におすすめの車種とは?

2019年6月16日

おすすめグッズ紹介

今回は、キャンピングカーの車内で快適に過ごすための安眠グッズを2点紹介します。

長時間の移動で椅子に座ったまま寝てしまい、首が痛くなったなんて経験ありますよね。Purefly ネックピロー U型を付ければ、首も楽ですし、しっかり仮眠も取れます。

キャンピングカーのベッドで眠れるか不安な方はぜひ車中泊マットをもっていきましょう。QUICKCAMP 車中泊マットは厚みが8cmもあり、より快適な睡眠がとれます。

まとめ

  • 昔の人はキャンプ好き
  • キャンピングカーは用途によって選べる便利な車
  • 旅費が節約できて楽しいレジャーができる
  • レンタル手続きが意外と簡単、保険と補償はしっかりと
  • 埼玉県のキャンピングカーレンタル店は割引プランが充実している
  • 安眠アイテム紹介

レンタル代金もリーズナブルでレンタル店の割引も充実しています。レンタルグッズもあり初期投資も抑えられるので、初心者にもとてもおすすめです。ぜひ一度キャンピングカーで出かけてみてはいかがでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です