あなたのデザインしたルノーカングーでアウトドアに行きませんか?

愛車を売るなら絶対に買取業者で一括査定です!

ディーラーの下取りと比べると数十万円の差額が出る場合もあるんです。

新車購入を検討している方、今からでも遅くはありません!

無料で一括査定してくれるので検討してみてください♪

複数の買取業者とのやりとりがめんどくさい人にはこちらもおすすめです。

新車値引きについてもっと知りたい方はこちら!

【相場限界を超える・新車の値引き手法】トラブルあり?一括査定

 

こんにちは、しんじです。

アウトドアは一人で楽しむ人もいれば家族や友人などと楽しむことができるものです。

アウトドアをするにあたっての移動手段は主に車となり、しかも遠方でのアウトドアとなると車内泊も考えなければなりません。

ならばどのような車がいいのか?とこの記事を読んでいるあなたはそう感じるのではないでしょうか。

そこで、ここではルノー社のカングーをおすすめします。

車のデザインにあなたのこだわりが伝えられるルノー

ルノー公式
しんじ
車中泊にも利用できる車って何があるんだろう?
あや(妻)
たくさんありすぎてどれがいいのかわからないわよね。
しんじ
やっぱり丈夫で燃費がいい車がいいよね!
クルマ先生
それなら外国産自動車であるルノーがおすすめですよ

なぜこの車がおすすめかというと、ルノー社の車種はアウトドアの運転をサポートする優れたシステムを兼ね備えているからです。

  1. 消費燃費を最大で10%節約可能にするエンジンと瞬時に変速されるシステム
  2. 座り心地よいファブリックシートと女性からも人気であるデザイン
  3. 外国産自動車であるが故障しづらい、安全性が考慮されている

優れたエンジンやシステムとは

まず、消費燃費を節約できる根拠として、1.2Lターボ直噴エンジンを採用した車種を取り扱っていることがあげられます。

このエンジンは、化石燃料の消費を抑制することができ、冷却効率をもっています。

1.2Lターボ直噴エンジンとは

ガソリンを蒸発する際に発生する、気化潜熱による冷却を利用し、気筒内の温度を下げ、エンジン圧縮比を高め高出力を出すことが可能。

高いパワーとトルク、そして燃費の良さが特徴です。

さらにこのエンジンには、6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)が備えらています。

フォルクスワーゲンのDSG、アウディのSトロニックと同じ変速ミッションです。2つのスクラッチを使って車の変速を瞬時に切り替えることができるのが最大の魅力です。

6速EDCとは

クラッチペダルがなく見た目はATと変わらないが、MTのシフトチェンジのような法則でコンピューターが自動でギアをチェンジしてくれる。

ATよりダイレクト感があり燃費も良い。

これによりオートマチックトランスミッション(AT)より運転のテクニックの難易度は上がりますが、ルノーはマニュアルトランス(MT)ですので車を自分の手足として運転できます

他にもこんな車中泊記事もあります。

アウトドア・趣味に最適!N-VANで軽やかなる車中泊を!

2019年8月30日

アルファードは車中泊快適!乗り心地抜群でキャンピングカー仕様も!

2019年8月12日

シートを心地よくデザイン重視に

次、にルノー社の車種に使用されているシートについてです。

車の昇降を繰り返して、徐々にシートが擦れていけば、劣化するのは当然です。そうなると段々に見苦しくなっていき、買い替えを選択せざる得ません。さらに普通のシートでは耐久力もしかり、どこにでもありそうな車のシートでは、ちょっとものたりないと思ってしまいがちです。

しかし、ルノーに使われているシートはファブリックシートで、普通のシートと一味違います。

ファブリックシートのメリット3つ
  • 何度も使いつづけても擦れて劣化することはない
  • 夏場に熱くなったり冬場に寒くなったりしにくい
  • 色にも様々な種類があり、好みのシートにカスタマイズすることが可能
ファブリックシートのデメリット
  • 液体が染みるとクリーニングするのが難しい
  • 繊維の隙間にホコリが溜まり、掃除機でも取れない

尚ルノーは芸術の国で有名な、フランスで造られています。そのため車のデザインのレベルは高く、車の色は青や黄色など様々な色があり、女性からも人気の支持を得ています。

あや(妻)
自分好みのシートに変えれるってオシャレね〜
しんじ
試しにシートに乗ったことあるけど、かなり乗り心地が良かったよ
あや(妻)
こんな車を持ってる男性に会ったら見とれちゃうかも 笑
しんじ
えっ!俺の存在忘れないで!

ルノーの助手席は後ろに倒すことが可能であり、後部座席は分割可能なタイプとなっています。それによって広々とした空間を作り出し、ゆったりとした車内泊をすることができます。

ただし、ルノーは外国産自動車であるので、国内で取り扱っている店舗が他の乗用車と比べても少ないことが欠点です。

正規ディーラー以外にも、外車を専門として扱っている会社もありますので、事前にどの店舗でルノーを取り扱っているか確認するのがよいのではないでしょうか。

他にもこのような記事があります。

アウトドア好き必見!!サンバーで車中泊の方法と車中泊グッズを紹介

2019年12月1日

軽自動車は車中泊に向いてる!アウトドアな気軽で旅へ行こう!

2019年11月21日

アウトドアの醍醐味は車中泊?!初心者必見の基本をまとめます!

2019年9月2日

特に車内泊に適しているはカングー

ルノー公式

 

しんじ
僕のおすすめはカングーだよ。
あや(妻)
広大なラゲッジルームができるから、車中泊には最適ね
ルノー公式サイト

ラゲッジルームの高さが低いので、背の低い人でも簡単に物を置いたり取り出したりすることができます。

さらに上下2段に分割して使用する事が可能なので、収納する空間に無駄がなくなりますね。

ルノー公式サイト

さらに前座席の天井にはオーバーヘッドコンソールがあり、後部座席には3連オーバーヘッドボックスが搭載されていることで、カングーの収納スペースが更に増えます。

車内泊として使うときは、汎用性のあるカーテンとトランクスルームにぴったりあうマットを購入さえすればぐっすり眠れるのではないでしょうか。

外国産自動車だが安全に運転できる

ルノー公式

外国産自動車の場合、国産車と比較すると安全性に対する情報量が乏しくも感じますが、実はしっかりと考慮されています。

通常の車だと、縦列駐車や車庫入れをするときに、ドライバーはかなりの神経を使います。もし、間違って相手の車や車庫を傷つけてしまい大惨事になってしまったら大変です。

しかし、ルノーにはイージーパーキングアシストというシステムがあり、ドライバーをアシストしてくれます。

イージーパーキングアシスト

ドライバーがタッチスクリーンの表示を見ながら、アクセルやブレーキなどの操作をコントロールすることができるもの

さらにABS、ESC(横滑り防止装置)が搭載されており、道が悪い山道や滑りやすい雪道でも安心して走行することが可能です。

ABSとは
急ブレーキを踏んでも自動的にブレーキのロックと解除を行い、スリップを未然に防ぐ装置
ESCとは
車の走行状態を安定に保つシステムで、白線からのはみ出しを未然に防ぎます
 

まとめ

  • ルノーを自分の手足のように運転するのが可能
  • ファブリックシートの性能は折り紙付き
  • ルノーの中で車内泊に優れている車種はカングー
  • 外国産自動車だけど安全に運転が可能

車選びにもこだわりを持つべきであり、選ぶ車は安全性、車のバリエーションを考えて、カングーでアウトドアを楽しみませんか?

愛車を売るなら絶対に買取業者で一括査定です!

ディーラーの下取りと比べると数十万円の差額が出る場合もあるんです。

新車購入を検討している方、今からでも遅くはありません!

無料で一括査定してくれるので検討してみてください♪

複数の買取業者とのやりとりがめんどくさい人にはこちらもおすすめです。

新車値引きについてもっと知りたい方はこちら!

【相場限界を超える・新車の値引き手法】トラブルあり?一括査定

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です