【スペーシアで叶える最高の車中泊】室内空間の広さは十分?

新車購入時の原資になる愛車をディーラーで下取りしてもらってませんよね?それ、損するパターンです!!

愛車は一括査定することにより、ディーラーで下取りしてもらうよりもめちゃくちゃ高く売れます。

皆さんが新車購入時に損をしないように、実体験から得た新車購入時の値引きテクニックをまとめて紹介してみました↓

→【新車の驚愕値引き手法とは】相場限界を知ることと愛車の一括査定! 

スズキの人気軽自動車といえば「スペーシア」。そのスペーシアが2017年12月に初のフルモデルチェンジを果たしました。

もともとスペーシアといえば、「軽にしては割と車内が広い車だなぁ」なんて思われている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「軽だけど広い」が自慢のスペーシアで、「アウトドは楽しめるのか?」そして「車中泊はできるのか?」を検証するとともに、新型スペーシアの魅力についてご紹介したいと思います!

新型スペーシア、何が変わったの ?

あや(妻)
スペーシアってスズキの人気車種でしょ?色もたくさんあってすごくかわいいよね。
しんじ
オプションも豊富で個性も出せるのも魅力の1つだよ。
旧型スペーシア(スズキ公式サイト)
新型スペーシア(スズキ公式サイト)

デザインもかわいらしくなりました!

新型スペーシアと旧型スペーシアを見比べてみると、旧型は丸みのある形ですが、新型は四角に近い形をしていますよね。新型スペーシア、なんとそのモチーフはというと「スーツケース」なんです!

さらに、新型スペーシアが変わったのは見た目だけではありません。

新型スペーシアは、旧型のモデルよりも高さが伸び、さらにホイールベースも延長されました。

  旧型 新型
長さ 3,395㎜ 3,395㎜
横幅 1,475㎜ 1,475㎜
高さ 1,735~1,740㎜ 1,785~1,800㎜
ホイールベース 2,425㎜ 2,460㎜

 

安全装備がより充実し、マイルドハイブリッド(※)が搭載され、デザインも変わりました。

クルマ先生
マイルドハイブリッドとは、ハイブリッドカーの中の1形式のことで、走行にかかわるエンジン補助をするタイプのハイブリッド車のことを言うんだよ。

安全装備では、後退時の自動ブレーキ機能や、周囲を360°のカメラで確認ができる「3Dビュー」が新しく仲間入りしました。

どちらも軽自動車としては初の機能となっており、運転が苦手な方や不安な方も安心して車を運転することができますよ。

色のバリエーションも旧型モデルの時よりも3色増え、モノトーンは10色、2トーンは4色の計14色の中から選べます。

そのかわいらしい形と色のバリエーションから女性にも人気のようですね。

スペーシアの室内空間はどれくらい?

スズキ公式サイト

なんといってもスペーシアの魅力は、軽だけど軽じゃないほど室内空間が広々としている点です。

その室内空間は下記の通りです。

  • 長さ=2,155㎜
  • 横幅=1,345㎜
  • 高さ1,410㎜

アウトドアがしたい方はゆっくりくつろげる広さで、荷物もたっぷり詰むことができますよ。

2メートル越えの室内は足を延ばして寝られるし、車中泊もバッチリそうですね!

さらにフルフラットにできたら、もう文句のつけ所がありません。

では、次にスペーシアでの車中泊が可能か見ていきましょう。

スペーシアの収納スペースはどう?

スペーシアの収納スペースは、他メーカーの同タイプの軽自動車と比較しても広いです。

軽自動車を検討している方で、収納スペースも重要視している方はスペーシアが良いかもしれません。

他社にはない収納スペースが2つあります。

グローブボックス上部の収納ボックス

スズキ公式サイト

まず1つ目の収納スペースは、グローブボックスの上にある収納ボックスです。

ここにちょっとした荷物を置くことができます。

助手席シート下部の収納ボックス

スズキ公式サイト

さらに、2つ目の収納スペースは、助手席のシート下にあるのです!

助手席下のデッドスペースも収納できるのは、メリットとして大きいですよね。実際車を使ってみると、あるとないとでは大違いなのが収納スペースで、バカにできないですよね。

とくにアウトドアなど車をアクティブに使いたい方には、収納というのも重要なポイントです。

軽自動車でかつ収納スペースの充実さを求めている方は、スペーシアはかなりおすすめですよ。

しんじ
スマートに収納できていいね!

スペーシアで車中泊できるのか?!

スズキ公式サイト

結論から先に言ってしまうと、スペーシア車中泊は「可能」です!

軽ですが広い車内なので、寝泊まり自体はなんなくできちゃいます。

ただ可能ですが、1つ残念な点があるとすれば、完全なフルフラットにすることができない点です。

リアシート部分を倒して車中泊空間を作るのですが、写真のとおり、リアシート部分は完全にフラットには倒れません。

ですので、背もたれの部分に少し傾斜ができてしまいます。

「フルフラットじゃないと休まらないなぁ…」という方は残念ながら、スペーシアでは難しいかもしれませんね。

しかし、次にご紹介するベッドシートを使えばより快適に車中泊を楽しむことができます。

横幅もあるので子どもと3人で寝転んでも問題なしです!

 

あや(妻)
写真を見ると改めて本当に軽なの?って思っちゃうほど広いね。

軽の車中泊ならこちらの記事もおすすめですよ!

快適なアウトドアにはウェイクがおすすめ!車中泊ならお手軽!?

2019年6月5日

アウトドア・趣味に最適!N-VANで軽やかなる車中泊を!

2019年8月30日

軽自動車で車中泊!!アウトドアや車旅でオススメ軽自動車7選

2019年4月23日

スペーシアおすすめアイテム①リラックスクッション

スズキ公式サイト

リラックスクッションはスペーシアでの車中泊の際に使うベッドシートのことです。

先ほど出てきた3人で寝ている写真にも使われているのが、このリラックスクッションで、スズキメーカーが販売している純正品です。

お値段はというと、1セット34,560円で写真のように並べて使いたい方は、2セット69,120円です。

やはり純正品ですので、お値段はそれなりにしてしまいます…。

ですが、スペーシアに限っていうと「ケチらず純正がいいのでは?」というのが個人の意見です。

今回シートはフルフラットではなく、傾斜が少しついているのでそれにぴったり合うものを探さなくてはいけませんよね?さらに、2セット隙間なくきれいに並べてとなると、なお見つけるのが困難です。

「市販品でケチって買ったら形が合わなくて使えなかった…」ということを避けるためにも、最初から純正品でそろえたほうがあとあと後悔しないと思います。

スペーシアおすすめアイテム②ACパワープラグ

スズキ公式サイトカタログ

ACパワープラグはいわばコンセントのことです。

車中泊する際にちょっとした明かりをつけるのに使ったり、携帯などの重電も可能になりますし、電気って何かと頼りになるものですよね。

 

オプションにはなりますが、つけておけばかなり優れものになること間違いなしです。

つけられる場所はフロント部分とラゲッジルーム部分の二か所から選んでつけることができますよ。

それぞれ、取り付ける費用が異なってくるので注意が必要です。

フロント部分
27,500円 (本体価格21,780円+参考取付費5,720円 )
ラゲッジルーム部分
26,785円 (本体価格21,780円+参考取付費5,005円 )
あや(妻)
これがあれば、コンセント難民になる心配も不要ね

スペーシアおすすめアイテム③プライバシーシェード

スズキ公式サイト

車中泊となれば、やはり人目が気になるものですよね。

そんな時はプライバシーシェードが解決してくれますよ!

スズキの純正品は、フロント部分とリア部分にそれぞれ分かれて販売されていて、フロント部分が24,200円でリア部分は27,500円です。

ちょっと純正品だと高いので、こちらは市販品に代用してもいいかもしれませんね。

しんじ
1万円もあれば買えちゃうのか!正直、室内が見えなければ機能としては十分だしこれでいいかも。

アウトドアを楽しみたいあなたにはこんな記事も!!

アウトドアの醍醐味は車中泊?!初心者必見の基本をまとめます!

2019年9月2日

アウトドアには軽自動車がオススメ?車中泊する時の注意点もご紹介

2019年5月15日
アウトドアで車中泊!おすすめ車種4選!

アウトドア向き車種4選!!車中泊したい人必見ポイント付きで解説

2019年5月19日

まとめ

  • 新型スペーシアは安全装備、エンジン形式、デザインが変わった
  • スペーシアで車中泊はできる
  • 収納スペースは他メーカーよりも充実
  • リラックスクッション(ベッドシート)は純正品がおススメ
  • ACパワープラグも充電命の方はぜひ

車中泊もできちゃうスペーシアは、軽の中でもデザインのおしゃれさもさることながら、広さと収納スペースの多さも兼ね備えた優秀な車でした!

「見た目だけじゃなく、中身もこだわりたい!」そんな欲張りな方は必見です。あなたも新型スペーシアでアウトドアを楽しみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です